平祐奈がメイド姿で“シー”ポーズ 『ヒミツのアイちゃん』キービジュアル解禁

平祐奈がメイド姿で“シー”ポーズ 『ヒミツのアイちゃん』キービジュアル解禁

 女優の平祐奈が主演による、FODの連続ドラマ『ヒミツのアイちゃん』(毎週土曜 午前0時最新話配信、20日スタート)キービジュアルが公開された。平演じるボーイッシュ女子高生・香住愛子が玲欧と付き合っていることを周囲に知られたくないという“ツン”な部分と、本当は玲欧とイチャイチャしたいという“デレ”の部分を、メイド姿の愛子=“舞”が秘密のベールに包み隠しているというポップな一枚となっている。



【場面カット】バスケ姿を見せる佐藤寛太



 

 今作は『Cheese!』(小学館刊)連載中の、花緒莉による人気コミックを実写化。ショートカットがよく似合うバスケットボール部のスター選手である愛子は日ごろ、ライバル視している玲欧に勝負を挑むも、負けてばかりで悔しい毎日…。ある日、愛子はメイド喫茶で突然バイトをすることになり、ロングヘアのウィッグをつけて女の子らしいメイド姿に大変身。不意に客としてやってきた玲欧の前で“舞”と名乗り接客すると、なんと玲欧は“舞”に一目惚れしてしまい…。



 このほか、愛子の親友・北内広子役に吉田志織、恋のライバルになる双子の姉・森川郁役に大和田南那、弟・森川巧役に別府由来、玲欧の中学からのバスケ仲間・久保建司役に水沢林太郎、玲欧の元カノ・笈原柚香役に鈴木ゆうか、愛子の兄・香住律希役にMASATO(THE BEAT GARDEN)など、フレッシュなキャストがそろう。



 また、先日発表された本ドラマの主題歌「1on1」は、ロックバンド「神はサイコロを振らない」(通称、神サイ)が、本ドラマのために書き下ろした楽曲。ボーカルの柳田周作は「香住愛子と天野玲欧。溶け合うように惹かれ合っていく二人の恋を、物語のキーにもなってくる『1on1』に置き換えて表現しました」とコメント。



 「男からの視点と女からの視点を織り交ぜながら詞を書く事はこれまでもありましたが、愛子の眩し過ぎるほどに純粋無垢な恋心に導いてもらう事で、詞はもちろん拘り抜いたボーカルテイク(愛子目線で始まる2コーラス目の“私が私じゃないみたい”)など、かつての自分では表現できなかったものを生み出すことができました。また、ボーカルとギターをアナログに、ベースとドラムをデジタルに振り分ける事で、対照的な二人をサウンド面でも表現しました。神サイというバンドを新たなフェーズへ導いて頂いた『ヒミツのアイちゃん』作者である花緒莉先生に感服でございます」と手応えをみせている。
カテゴリ