“ペットボトル”からつくられたシューズが気になる。シンプルなデザインにも惹かれる「Öffen」を履いてみたい!


最近、「サステナブル」という言葉を耳にする機会が増えましたよね。



何から取り入れたらいいかわからない…という方は、デザイン性も兼ね備えた“シューズ”からはじめてみるのはいかがですか?



今回はペットボトルからつくられたシューズを展開するブランド「Öffen(オッフェン)」をご紹介します。



「Öffen(オッフェン)」って…?





「Öffen(オッフェン)」は、日本発のサステナブルシューズブランド。「気軽に履けるオシャレな靴。そして環境に優しい」をテーマに、シンプルなシューズを展開しています。



オッフェンのシューズには、使用済ペットボトルからリサイクルされた糸を使用。高品質なポリエステル素材で、水洗いも可能だそうです。



軽量でクッション性のあるニット地が抜群の歩きやすさを実現し、まるで裸足のような心地よさなんだとか。



洗練されたデザインにも注目



環境への配慮だけでなく、デザイン性も高いシューズがラインナップ。「ポインテッドトゥ」「スクエアトゥ」「ラウンドトゥ」の3型をベースに、多彩なデザインが足元を彩ります。





たとえばこちらの「scallop pattern」(税抜1万3,500円)は、ベーシックなポインテッドトゥに、波のようなカッティングが施されたスカラップパンプス。履き口のパイピングや、くすみがかった絶妙なカラーバリエーションで、洗練されたムードを演出してくれます。





こちらは、ミニマルなデザインが特徴的な「plain pattern / WHITE(税抜1万3,500円)。甲を深く覆うアッパーと程よいボリュームのスクエアトゥで、カジュアルの中にもさりげないモード感が表現されています。



上品なシルエットで、メッシュのような粗めの編み地ながら、スポーティになりすぎないのもポイントです。





レースアップが美しい「plain flat pattern」(税抜1万3,500円)にも注目。リサイクル糸を使用した柔らかい素材が、かっちりしがちなレースアップシューズに程よい抜け感をプラスしてくれます。



足を包み込むようなフォルムで、歩きやすいのも特徴ですよ。



オンラインで買えるのも嬉しい





オッフェンは、2月12日(金)よりWEB SHOPをオープン。お出かけが難しい今、オンラインでゲットできるのも嬉しいですよね。



デザイン性が高く履きやすいだけでなく、環境に配慮したシューズを展開するオッフェン。春先に向けてシューズを新調する際に、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。



「Öffen」WEB SHOP

https://shop.offen-gallery.com/



カテゴリ