BTS、映画『シグナル』主題歌担当 back numberが初の楽曲提供

BTS、映画『シグナル』主題歌担当 back numberが初の楽曲提供

 韓国の7人組グループ・BTSが、俳優の坂口健太郎が主演を務める『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』(4月2日公開)の主題歌を担当することが16日、発表された。新曲「Film out」をプロデュースしたのはback number。同バンドにとって、楽曲提供は初となり清水依与吏は「叙情的でいてパワフルな楽曲が完成したことをうれしく思います」と出来栄えに胸を張った。



【動画】BTSの主題歌も入った予告映像



 韓国の同名ドラマをリメイクした本作は、2018年4月期に連続ドラマとしてフジテレビ系で放送された。謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事をつなぎ、ともに未解決事件を解決していく設定や、時空を超えて複雑に絡み合う骨太な人間ドラマなどが人気を集めた。



 映画は、連ドラ後のエピソードを描いたオリジナルストーリー。“過去”に生きる刑事と通信しながら、未解決事件を解き明かそうと奮闘する“現在”の刑事・三枝を坂口。時代を超えて三枝の相棒となる“過去”に生きる熱血刑事・大山を北村一輝、三枝が所属する警視庁・未解決事件捜査班の班長で、大山のかつての後輩で想いを寄せる桜井を吉瀬美智子。また、ベテラン捜査員・山田役の木村祐一、優秀な鑑識官・小島を池田鉄洋、慶明大学法医学教室の准教授・安西を青野楓が再び演じる。



 BTSは、ドラマ版でも主題歌を書き下ろしており、劇場版の主題歌を映画関係者がオファー。主題歌を制作するにあたり、美しいメロディと切ない歌詞で圧倒的な表現力を誇るback numberに楽曲プロデュースを依頼し、音楽番組出演の際に楽屋が近かったことで互いにあいさつをする機会もありback numberも快諾し、今回のコラボが実現した。



 楽曲は、今でも目に浮かぶあの人、心の中から消えないあの人を思う情緒深いバラードになっている。同時に解禁された予告編映像では、再び協力して凶悪事件に挑む三枝(坂口)と大山(北村)。襲われて逃げる三枝や、銃で撃たれる大山など、先の読めない緊迫感と迫力のアクションシーンのほか、BTSが歌う切ない楽曲をバックに、三枝に微笑みかけるミチル(奈緒)や、大山を思って涙する美咲(吉瀬)の心揺さぶる表情も収められている。



■BTSコメント

ドラマ『シグナル』で僕たちの歌「Don’t Leave Me」が主題歌でした。

そして今回、さらにスケールアップした映画でも主題歌を担当することになり、とてもうれしいですし、作品もとても楽しみです。

今回の「Film out」という曲は、back numberさんと僕たちが一緒に作った歌で、清水さんが送ってくださったデモを受けとったとき、メロディーがとてもすてきで心惹かれました。今回、作業しながらすごく好きになった曲なので、皆さんも気に入ってくれたらうれしいです。

メロディーも歌詞も切ないバラード曲なのですが、たくさんの人の心を“泣かせる”ことができる歌だと思います。映画と一緒に僕たちの歌もぜひ鑑賞してください。



■back number・清水依与吏コメント

お話をいただいた時はとても驚きましたが、少し想像しただけですぐに魅力的なメロディーが頭の中で鳴ってくれていたので、これはすでに化学反応が始まっているのだと気付き、やらせていただこうと決意しました。

自分以外の人が歌うことを想定しての楽曲制作が初めてだったので不安はありましたが、経験豊富なスタッフや共同編曲者であるUTAさんの尽力、JUNG KOOKさんとの刺激的なやり取り、そしてBTSメンバーそれぞれの持つ個性や表現力のおかげでとても叙情的でいてパワフルな楽曲が完成したことをうれしく思います。



■坂口健太郎コメント

初めて聞いた時、ドラマの時から成長した三枝健人の心情や、クライマックスのシーンの心の揺れ動きをそのまま一つの曲にしてくれたような印象でした。

今回も力を貸してくれたBTS、そしてback numberさんが作ってくれた音楽と合わさって、この作品をより一層深めてくれるような曲だと思います。

カテゴリ