福田彩乃、20代で反省を機に化粧品成分スペシャリスト取得「ケアがしきれてなかった」

福田彩乃、20代で反省を機に化粧品成分スペシャリスト取得「ケアがしきれてなかった」

 タレントの福田彩乃が16日、オンラインで行われた期間限定ショップ『MTメタトロン』の『おこもり美容・美肌の新常識』ビューティートークイベントに参加した。イベントでは、Amazon prime videoで配信中の美容番組『BEAUTY THE BIBLE』に出演している福田が、司会とともにコロナ禍での“おこもり美容”や肌悩みに関する話題を展開。三十代に入ってから化粧品成分スペシャリスト2級を取得したという福田は「二十代の頃のメイクやスキンケアを振り返るとケアがしきれてなかったという反省も含めて」と振り返った。



【写真】視聴者に手をふる福田彩乃



 ものまねタレントとしても活動する福田だが「特に、ものまねの仕事をしていると肌に優しいファンデーションやリップクリームよりご本人に似たチークやアイシャドウを優先して使っていたので気づかないうちに肌を駆使していた。モノマネをやるときは、成分よりカラー重視だった」と再現性にこだわっていたそう。



 「肌のことをいたわれていなかったと思ったので。そうしていくうちにだんだん合うもの、合わないものもでてきたので、どうしたらいいのか、ヘアメイクさんからおすすめしてもらって取りました」と経緯を明かした。



 このほど美容クリニック・エステ専売メーカー・『MTコスメティクス』の『MTメタトロン』期間限定店舗が東京・銀座三越銀座新館7階にて23日から3月1日までオープン。番組内でも商品を愛用していることを明かしていた福田は「『あやちゃん最近気になるクレンジグある~?』」と共演中の田中みな実にも紹介したことをものまね付きで明かした。



 コロナ禍における自宅での美容法“おこもり美容”については「意外と手が荒れる。おうち時間も増えて水仕事やお洗濯など気づいたら爪が割れているとか。セルフでネイルケアをはじめました。甘皮の処理から全部自分で。逆に今しかできないかもしれないですよね」と気を遣っているそう。また、クレンジングも重要視しているそうで「とにかく摩擦を作らないのがポイント。クレンジングジェルをあたためて肌と同じ温度にしています」と熱弁していた。
カテゴリ