大黒摩季、51歳で演技初挑戦「青天の霹靂」 岸谷五朗の“熱烈オファー”で決断

大黒摩季、51歳で演技初挑戦「青天の霹靂」 岸谷五朗の“熱烈オファー”で決断

 歌手の大黒摩季(51)が16日、都内で行われたミュージカル『「The PROM」Produced by 地球ゴージャス』の製作発表会見に出席。51歳にして演技初挑戦となる大黒は「この場に立てて、とてもエクサイティングです」と興奮気味に語った。



【動画】ミュージカル女優としてパフォーマンスを披露した大黒摩季



 『The PROM』は2018年にブロードウェイで開幕し、2019年にはトニー賞7部門にノミネート。物語の舞台は、アメリカの高校で、卒業生のために開かれるダンスパーティ“プロム”。 レズビアンの主人公・エマが自分らしく生きることを貫こうと奮闘する姿が描かれる。



 大黒が演じるのは、ブロードウェイスターのD.D.アレン。今回は、本ミュージカルを手掛ける地球ゴージャス主宰の岸谷五朗から声がかかったことを明かし「51歳になって、こんなに踊りで落ちこぼれるとは思いませんでした(笑)。頑張りますので、成長をぜひ追ってください」と呼びかけた。



 続けて「ミュージカルはこれまで見る専門で、誘われるとは思っていなかったです。青天の霹靂(へきれき)と言いましょうか(笑)。岸谷さんからお誘いがあり、何回か断ったのですが、失礼だからとお話を聞いたら飲み込まれました」と、岸谷の必死な誘いに最後は出演を決断した。



 そして、自身について、コーラスを何度もやった上でやっとの思いでステージに立つことができた“スーパー叩き上げ”といい「大きな舞台に立った瞬間の秘境。まさか51歳で立ち向かおうと思っていなかったですが、魔王(岸谷)に連れてこられて(笑)。でも、自分を使い切って終わりたい。私は自分を信じてないですけど、周りの人が信じてくれているから、それにかけてみようと思いました」と意気込みを語った。



 この日の会見には、葵わかな、三吉彩花、草刈民代、保坂知寿、霧矢大夢、佐賀龍彦(LE VELVETS)、TAKE(Skoop On Somebody)、寺脇康文も登壇した。



 同ミュージカルは、3月10日から4月13日まで東京・TBS赤坂ACTアクター。5月9日から16日まで大阪・フェスティバルホールにて上演される。

カテゴリ