男性が恋愛対象として意識し始めるタイミングとは

男性が恋愛対象として意識し始めるタイミングとは

「出会ったばかりで」、「ある日突然」のように、急に恋愛感情を出してくる男性の態度に、不安を感じたことはありませんか?


女性はゆっくり人を好きになることも多いので、男性がいきなりアプローチしてくると驚いてしまいますよね。


そこで、男性に「女性を恋愛対象として意識し始めるタイミング」について聞いてみました。



女性から好意を感じたとき


「それまで何とも思っていない子でも、自分のことを好きなのかも?と思うと気になりますね。急に相手のことを意識しちゃって、『付き合ったらどうなるだろう』と妄想してしまうことも」(20歳・男性)


もしかしたら自分のことを好きなのかもしれない、そう感じたら急に相手のことが気になり出すことがあるようです。


もし気になる男性がいれば、積極的なアプローチがきっかけで相手からも好意を持ってもらえるようになるかもしれません。


出会ってすぐのタイミング


「知り合ってからわりとすぐに恋愛対象になるかならないか、判断がついちゃうかも。僕だけかもしれないけど、初対面で特に意識しなかった子を、あとあとすごく好きになるってことはないですね。」(22歳・男性)


気になる彼とはゆっくり親密になろうと考える女性も多いですが、男性は「好きになるかどうか、第一印象の段階で決まってる」という声があります。


一瞬で心を奪われることや一目惚れでなくても、飲み会や初デートでの数時間で印象に残らない女子が、大逆転で本命の彼女に…ということもないのだそう。


「今日は全然話せなかったけど、また誘ってみよう」がうまくいきづらいのは、こんな理由なのかも。


ギャップを見たとき


「ただの女友達でも、いいギャップを見ると意識してしまいますね。仲良くなったらもっといろんな面が見れるんじゃないか、とか。


さいきんでは『バカっぽい女子がめちゃめちゃキレイな字を書く子だった』あたりがきゅんと来たギャップです」(25歳・男性)


男性はもともと異性に対するストライクゾーンが、女子に比べて広めだそう。


それだけに「今は恋愛対象じゃない=付き合うのはムリ」とも限りません。


女友達の意外な顔に恋することもあるようなので、よいギャップを見せることができれば恋愛に発展する可能性もおおいにあります。


急に好きになる男性は多い


ずっと好きだった男性に彼女ができてしまい、「わたしのほうが先に好きだったのに!」なんて話をよく聞きます。


男性の恋心に火をつけるのは、一緒にいた時間の長さではないようです。


何かのきっかけで「急に好きになる」男性は多いので、気になる相手には積極的に行動してみましょう。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ