「三陸・常磐の“うみうま”グルメ」を人気飲食店とキッチンカーで堪能!

「三陸・常磐の“うみうま”グルメ」を人気飲食店とキッチンカーで堪能!


復興水産加工業販路回復促進センターが、東日本大震災の被災地における水産加工業の復興を支援するプロモーション事業の一環として、水産加工品を活用したスぺシャルメニューを開発・販売する「うみうまグルメシ飲食店フェア」および「うみうまグルメシbyキッチンカー」を実施する。

シェフ・レストランとタイアップ


東京都内の女性層から支持を集めるシェフ・レストランとタイアップする「うみうまグルメシ飲食店フェア」では、各店のシェフたちが三陸・常磐を中心とした東北エリアの水産加工品を使ったオリジナルのメニューを開発。2月15日(月)~3月26日(金)のフェア期間中限定で、水産加工品の魅力が味わえるメニューを各店が提供する。


タイアップ店舗は、和食の「恵比寿笹岡新丸ビル店」、イタリアンの「イル ギオットーネ丸の内店」、中華の「中国飯店富麗華」「中国飯店六本木店」「中国飯店紫玉蘭」、タイ料理の「サイアムヘリテイジ東京」の6店。

各所でキッチンカーを出店


2月20日(土)~3月28日(日)には、東京都・千葉県・神奈川県の各所にて、「うみうまグルメシbyキッチンカー」を出店し、水産加工品を使用したオリジナルメニューを販売。キッチンカーの設置エリアや販売メニューは、同プロモーションの特設WEBサイト「umiuma.jp」にて更新されるので、チェックしてみて。


このほか、同サイトでは、東日本大震災被災地の三陸・常磐を中心とした東北エリアの水産加品情報を集約し、水産加工品を「知る」「食べる」「探す」ためのさまざまなコンテンツを発信している。

特設サイトでタイアップレシピも公開



また、今回の「うみうまグルメシ飲食店フェア」のタイアップメニューレシピも、同サイト内で公開中。お店でも家庭でもプロの味を体感してみよう。

※画像はメニューの一例
※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします
カテゴリ