柳楽優弥、モンゴル撮影中に鏡チェック&マネージャーと会話禁止令 監督が真意説明

柳楽優弥、モンゴル撮影中に鏡チェック&マネージャーと会話禁止令 監督が真意説明

 俳優の柳楽優弥が19日、都内で海外合作映画で初主演に挑んだ『ターコイズの空の下で(英題:UNDER THE TURQUOISE SKY)』(26日公開)の先行プレミアム上映の舞台あいさつに参加。鏡とマネージャーとの会話を禁止されて撮影に臨んでいたことを明かした。



【写真】監督&サヘル・ローズとの会話に笑顔を見せる柳楽優弥



 モンゴルで3週間にわたって撮影した本作。KENTARO監督は「コマーシャルみたいな演技が嫌」という思いがあり「彼をナチュラルに撮りたい気持ちがあった」と振り返る。演出も即興的な指示があったそうで、柳楽は「僕がデビューした是枝(裕和)さんの作品もそういう演出だった。それが居心地がよかった。キャラクターっぽい役が20代は続いた時期だったので、自分らしく現場にいていいんだと気づかせてくれたような監督」と出会いに感謝した。



 柳楽に「『鏡を見ないで』と『マネージャーと話さないで』」と指示していたKENTARO監督は「鏡を見たら自分が、どういうふうに演技をしたか意識をする。マネージャーとしょっちゅう話すと日本に戻る。モンゴルにいてほしかったから、余計なことをやってほしくなかった」と真意を説明していた。



 この日は、サヘル・ローズも参加した。



 本作は、資産家の祖父を持つ青年タケシが、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探すためにモンゴルに送り込まれ、馬泥棒のモンゴル人アムラと出会い、果てしなく広がる青い空の下、言葉も通じない、価値観も異なる二人の詩的でユーモラスな旅を描いたロードムービー。
カテゴリ