カンテレ関純子アナ、『愛の不時着』好きすぎてセリになりきる「ここはどこ?」 展覧会に魅力熱弁

カンテレ関純子アナ、『愛の不時着』好きすぎてセリになりきる「ここはどこ?」 展覧会に魅力熱弁

 人気韓国ドラマ『愛の不時着』の世界観を450点超の小道具や写真で再現する『「愛の不時着」展』が3月5日から28日まで、大阪・大丸梅田店13階特設会場で開催される。カンテレ女性アナウンサーきっての『愛の不時着』ファンである関純子アナウンサーが、24日放送のイベント情報番組『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』(毎週水曜、深夜1:25)のスタジオに登場し、『「愛の不時着」展』の魅力を熱烈プレゼンする。



【写真】パラグライダーでスタジオ入りする関純子アナ



 世界各国で大反響を呼び、日本でも一大旋風を巻き起こした韓国ドラマ『愛の不時着』。パラグライダーで国境を越えてしまい、北朝鮮に不時着した韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)との“禁断の愛”を描いた物語で、2020年のユーキャン新語・流行語大賞にTOP10入りするなど、韓国のみならず、日本でも“愛の不時着ロス”を巻き起こした話題作。2人の出会いや再会などの名シーンを再現したセットをはじめ、未公開カット約250点を含む450点以上の写真や出演者の素顔が垣間見えるオフショット映像も満載の展示会で、実際に使用された衣装や小道具の展示、ドラマの感動が甦るフォトスポットなど、『愛の不時着』の世界観を楽しめるイベントになっている。



 関アナは、ユン・セリがパラグライダーで不時着した際に来ていた衣装をまねた出で立ちで、あの不時着シーンを再現(?)しながら登場。さらに、「ここはどこ? もしかしてカンテレの『ピーチケ パーチケ』のスタジオ? 私はなんてところに来てしまったのかしら…」と一人コントも披露し、スタジオの兵動大樹と川島壮雄アナウンサーは大爆笑。さらに『愛の不時着』が大好きで、東京からリモート収録で参加していた桜 稲垣早希も「すご~い! 関さん素敵~!!」と大喜び。



 番組では、ドラマのヒロインであるユン・セリが代表を務める美容ファッションブランド「Seri’s choice」(セリズ チョイス)ならぬ、「Seki’s choice」(セキズ チョイス)と題して、関アナ独自の視点を交えながら『「愛の不時着」展』の魅力を紹介。ドラマをまだ見ていない人でも楽しめるように、あらすじ以外にも印象に残る胸キュンシーンやせりふを、惜しげもなく紹介。実はすでに『愛の不時着』にハマっていて全話見ているという兵動も一緒になり、プレゼン合戦となる一幕も。



 関アナは、「まずは、ドラマ・愛の不時着。関西テレビも見つつ、寝不足になりながら見てください! そして愛の不時着展、ぜひ行っていただきたいです。オフショット映像は会場でしか見られません!」と熱く語り、兵動も「すごい伏線があって、ちゃんとつながる。1回見てください! 優馬くんの人生の2時間ちょうだい。まず第一話を見て、そこで止められたらすごいわ。そこからが止まらなくなるから!」と中山優馬にも猛アピールしていた。



 カンテレでは、『「愛の不時着」展』の開催を記念し、ヒョンビンとソン・イェジンの主演映画を、20日から3週連続で『「愛の不時着」展 開催記念! 3週連続! 韓国映画ナイト』と題して関西ローカルにて放送する。
カテゴリ