白濱亜嵐、『モコミ』第8話に本人役で出演 小芝風花からバトン受け取る

白濱亜嵐、『モコミ』第8話に本人役で出演 小芝風花からバトン受け取る

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマく『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(毎週土曜 後11:00~11:30)の第8話(3月20日放送)に、本人役で出演することが明らかになった。同ドラマの主題歌は、GENERATIONSの「雨のち晴れ」。さらに白濱は、4月期の土曜ナイトドラマ枠で放送される『泣くな研修医』で主演を務めることが決まっており、『モコミ』に主演する小芝風花と、「ドラマの撮影を頑張りましょう」とエールを交換。バトンをつなぐ機会となった。



【写真】花かごを抱えた白濱亜嵐



 『モコミ』は、“物の気持ちがわかる”主人公・清水萌子美(小芝)と、一見幸せそうに見えるけれど、実はそれぞれに問題を抱える家族の、絆と再生を描くドラマ。主題歌の「雨のち晴れ」は、萌子美の心に優しく寄り添い、くじけそうになった時にはその背中を押してくれる、自分を信じて前向きに進もうと呼びかけるようなポジティブなナンバー。白濱は、主題歌を担当するメンバーの一員としてだけでなく、俳優としても『モコミ』を盛り上げる。



 今回、白濱は本人役で登場し、萌子美が勤める「清水生花店」に客として訪れ、萌子美とやりとりを繰り広げる。撮影現場では、白濱が「今日は小芝さんにプレゼントを持ってきました!」と花束を贈るサプライズを自ら演出。これには小芝も「えー! かわいい!」と声を上げて、笑顔がさらに輝いた。いざ撮影が始まると、白濱にとって本人役を演じるのは初めてのことで、「どんな風に演じればいいのか考えました」とコメント。一方、白濱と初共演となる小芝は「最初のせりふからさわやかな雰囲気でした。男性の方でこんなにお花が似合う方はいないと思います!」と語り、「こういう形で共演ができてうれしかったです!」という小芝の言葉に白濱も「本当ですか」とほっとした表情を浮かべていた。



 きょう20日は、先週13日に発生した地震による報道特別番組に伴い、急きょ中断された第4話を改めて放送。これまでほとんど異性と話す機会のなかった萌子美が、イヤホンを拾った青年(加藤清史郎)と急接近! 素性も知らないこの青年とは、なぜか気構えることなく言葉を交わせる萌子美。それだけでなく、職場でもうれしいことが。萌子美の感性で作ったフラワーアレンジメントが評価され、萌子美の中に小さな勇気が芽生えることに。



 ところがいい話ばかりでなく、家では両親の千華子(富田靖子)と伸寛(田辺誠一)がますます険悪な雰囲気に。さらにこれまで萌子美を優しく守ってきた兄の俊祐(工藤阿須加)にも驚きの一面が明らかになる。萌子美の日々はどうなってしまうのか? また、テレビ朝日の公式YouTubeでは、第1話から第3話までをまとめたダイジェスト動画を見ることができる。



■ダイジェスト動画

https://youtu.be/T2fxoWxfsQg
カテゴリ