奥田瑛二「義理の息子」柄本佑と共演で気負い 本読みすぎて「NG連発でした」

奥田瑛二「義理の息子」柄本佑と共演で気負い 本読みすぎて「NG連発でした」

 俳優の柄本佑(34)が20日、都内で行われた映画『痛くない死に方』初日舞台あいさつに登壇。妻で女優の安藤サクラ(34)の父で、同作に出演している奥田瑛二(70)が「となりにいるのが、義理の息子でございます(笑)。それから、盟友と呼ばせていただきましょうか、監督の高橋伴明さん。そうなると、一生懸命にやらざるを得ない。だから、一生懸命やっておりました」としゃれを利かせたあいさつをすると、柄本は笑みを浮かべた。



【集合ショット】舞台あいさつで撮影に応じる奥田瑛二&柄本佑&宇崎竜童ら



 奥田は「高橋伴明監督からの(オファーだったので)二つ返事でしたが、詳しく見ると『主演:柄本佑』。ちょっと待てと、困ったなと。高橋伴明監督だけでも信頼関係を獲得するのに大変なのに(柄本の前で)もし、下手なことをしたらなめられるなと。二重苦みたいなものでした」とニヤリ。「だから、本を読み込みました。そうしたら、あまりに読みすぎちゃって、NG連発でした」と笑わせた。



 奥田が「生きるとは食べること」というせりふを発する際に出してしまったNGシーンについて、柄本は「本当に『頑張れー』と思いながら(笑)。僕がたまーに(奥田の)長ぜりふの間で質問していたりするんですよ。この一言は失敗できないぞと。オレはオレですげー緊張していました」と率直な思いを打ち明けていた。



 同作は、日々仕事に追われ、家庭崩壊の危機に陥っている在宅医・河田仁(柄本)が、大病院ではなく在宅医だからこそできる医療を模索し、人と向き合うことを実践していく物語。父親が苦しみ続けて死んでしまい自分を責める智美役を坂井真紀、柄本演じる在宅医の先輩・長野役を奥田、末期の肝臓がん患者役を宇崎竜童、監督を高橋伴明氏が担当している。



 舞台あいさつにはそのほか、宇崎、原作者の長尾和宏氏、高橋伴明監督も登壇。司会は笠井信輔アナが務めた。
カテゴリ