映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』谷川俊太郎、吉田戦車ら推薦コメント

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』谷川俊太郎、吉田戦車ら推薦コメント

 「第21回東京フィルメックス」で日本人監督作品では初となる審査員特別賞を受賞した、池田暁監督『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』が3月26日より全国順次公開される。



【動画】映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』予告編



 町境である一本の川を挟んで「朝9時から夕方5時まで」規則正しく戦争をしている二つの町。川の向こうの太原町をよく知るひとはいない。だけど、とてもコワイらしい。津平町に暮らす真面目な兵隊・露木がある日突然言い渡されたのは、音楽隊への人事異動!? 明日からどこへ出勤すればいいのやら…。そんな中、偶然出会った向こう岸の音楽に、露木は少しずつ心をひかれていく。一方、町では「新部隊と新兵器がやってくる」噂が広がっていて――。



 池田監督にとって初の劇場公開である本作。斬新なアイデアとオリジナリティーで、いつの時代でもない架空の町の小さな社会が、わたしたちの日常と地続きにあることをユーモアたっぷりに映し出す。



 主人公・露木には、これが映画初主演となる前原滉。池田監督の演出ならではの、感情の読めない表情や口調から浮かび上がる、からくり人形のようなキャラクターを見事に演じ切った。さらに、石橋蓮司や竹中直人のほか、橋本マナミ、矢部太郎、片桐はいり、嶋田久作、きたろうらが集結。唯一無二の作品世界に彩りを加える。



 一足先に鑑賞した、詩人・谷川俊太郎は「微笑でも苦笑でも哄笑でもない無音の笑いが途切れない。意味に囚われない人間存在の面白さ」と、コメント。同じく、小説家・町田康は「善も悪も、すべてが美しかった。言葉と景色に魅了された。

この戦争は俺らの心のなかにある。この映画を観てよかった」と、激賞した。



 漫画家の吉田戦車とドリヤス工場、イラストレーターの信濃八太郎は、それぞれ本作の世界を描き下ろしたイラストとともに、「この夢のような町で 働いて ご飯を食べて眠る毎日をくりかえしたい(でも戦争は嫌)」(吉田戦車)、「一見奇妙で、趣味的な映像に見えるかもしれない。だが次第にこれは多くの日本人にとって『よく見た風景』であることに気付くでしょう」(ドリヤス工場)、「ユーモアのわからない人間が戦争を始めるという言葉がある。ユーモアなき世界をユーモアたっぷりに描いたこの作品は、つまり今こそ必要だ」(信濃八太郎)と、感想を寄せている。



■公式ホームページ

bitters.co.jp/kimabon

カテゴリ