真木よう子、テレ東サスペンスドラマで初主演 眞島秀和、赤楚衛二、黒木瞳ら共演

真木よう子、テレ東サスペンスドラマで初主演 眞島秀和、赤楚衛二、黒木瞳ら共演

 女優の真木よう子が、テレビ東京系の月曜プレミア8『ハクタカ 白鷹雨音の捜査ファイル』(3月22日放送 後8:00)で主演を務めることが22日、発表された。真木にとって同局系のサスペンスドラマで主演を飾るのは今回が初となる。



【写真】眞島秀和、赤楚衛、黒木瞳ら豪華な共演陣



 原作は、『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した梶永正史氏による警察小説。犯人からの謎の犯行声明を手掛かりに、立て続けに起こる殺人事件の関連性を紐解き、主人公の優れた洞察力によって、事件の真相を暴いていくミステリーとなっている。



 真木は、鷹のような鋭い眼光で事件の全貌を見通す、「ハクタカ」の異名を持つ主人公・白鷹雨音を演じる。そのほか、警視庁捜査一課の刑事・草野誠也役に眞島秀和、白鷹を慕う人懐っこいキャラクターの新米刑事・兎束晋作役に赤楚衛二、「捜査は事実の積み重ね」を信条に憶測や勘を排するクールな捜査一課長・福川冴子役に黒木瞳らが豪華な顔ぶれが起用された。



■以下、キャストのコメント

真木よう子

「雨音は何事も自分の責任として全てを背負い、他の人を責める選択肢のない人間です。故に孤独で常に自分との闘いの中で生きています。私もそういった時期はありましたので、当時を思い出し演じた感じに近いです。

眞島さんとは、初共演ではないのですが、この作品で距離が縮められてお互い気楽に話せる様になり、ユニークな方でアドリブも面白かったです。赤楚さんは日々重ねる毎にフレッシュで新鮮な芝居を出してくれて現場でも先輩男性陣からかわいがられている印象です。

黒木さんとの共演は初ではないですが、私は黒木さんの目がとても好きです。多くの言葉は交わさずとも黒木さんとならもっともっと芝居で関わり勉強していきたいと強く思わせて頂きました。単純な事件解決物語とは少し違った、生きる事の意味、取り戻せなくなった幸せな時間を深く考えさせられるストーリーになっていると思います」



眞島秀和

「草野誠也役については、衣装合わせで監督とお会いした時に役柄の幅を広く持たせて欲しいとの事でしたので、そこを意識しながら楽しく演じることができました。そして真木よう子さんとがっつり共演するのは久しぶりです。真木さんが持っていらっしゃるミステリアスな雰囲気の中にも芯の強さを感じる刑事とのバディ役がとても刺激的でした。真木さんと黒木瞳さんの緊張感あるやりとり、新米刑事の赤楚衛二くんをはじめとした刑事の面々など見どころはたくさんあります。ぜひご覧ください!」



赤楚衛二

「白鷹先輩にゾッコンの兎束晋作、演じてみてとても魅力的なキャラクターだと思いました。兎束は、23歳の新人だからこその若さとエネルギー溢れる力強さがあり、白鷹先輩をはじめとした先輩方との交流、そして大きな事件をきっかけに段々と刑事の面構えになっていく過程を演じられて楽しかったです。

撮影にあたり、先輩方にはとてもお世話になりました。真木よう子さんの芯の強さとお芝居は、兎束としてはもちろん、僕自身もすごく憧憬の念を抱き、役と共に甘えさせていただきました。眞島秀和さんは役者としても男としても凄くステキな方で、僕も20年後、眞島さんのような人になりたいなぁと思いました。

高杉亘さんはバディという事で、刑事ならこういう時どうするか? という考え方や所作など色々教えていただき、アクションもご一緒させていただけたので感謝ばかりの日々でした。黒木瞳さんの絶対的存在感は、現場をよりリアルにさせる、良い緊迫感があり、言葉一つひとつの重みに兎束は刑事としての自覚が芽生えていったと思います。

作中の犯人の犯行のメッセージ性は、現代だからこそ起きてしまう強いモノなので、きっと皆さんとも一緒に考える余白がある作品だと思います。そして兎束の成長も見届けていただけたらうれしいです。ぜひご覧ください!」



黒木瞳

「警視庁捜査一課長・福川冴子という役を演じる上で、キャラクター作りが一番の課題でした。ただ厳しい、クールなだけではない何かを表現できたらいいかなと思っていたところ、台本にある『本庁は伏魔殿。あの人(福川冴子)はあの人なりに伏魔殿で戦ってる』という草野の台詞を見て、彼女もそこでしっかり自分の職を全うするべく、いろんなものを抑えつけながら世のため人のため、警察官として自覚と誇りを持って生きている人なんだなと思えたので、その言葉を拠り所にしました。

ラストにハクタカと対峙するシーンでもう一度『伏魔殿』という台詞を提案させていただいて、少し冴子の人物を表現させていただきました。真木よう子さんとの共演は二回目ですが、キャラクターがブレないので安心感があり、『ハクタカ』と呼ばれる今回のキャラにピッタリだなと思いました。やはり独特な個性をお持ちの女優さんなので素晴らしいなと思います。

今回、コロナ禍での撮影でしたので、世間話をあまり出来ていないため、本庁の捜査一課長と所轄の巡査部長の立場の違いがある中で、その距離感が良い意味でドラマに出ているのではないかなと思います。

脚本が面白く、事件の起承転結が一筋縄ではいかない展開で、犯人がだいたい予想がつくサスペンスが多い中、心地よく裏切られて楽しませていただきました。現在の事件が、過去のある事件と鮮やかに繋がっていく展開が面白かったので、そこを楽しんでいただければと思います」
カテゴリ