マスクの湿気でまつ毛が下がっちゃってない?カップルメイクにも使える「長持ちまつ毛カールテク」は必見


まつ毛が下がったままだと、白眼に影が落ちて目尻が下がって見えてしまい、眠たそうな印象の目になってしまいがち。特に今はマスクを着けていることで、湿気に困っている人も多いのでは?



まつ毛を少し上げることで一気に目元がくっきり、スッキリとした印象に変わります。目がきれいに見える人は、男女関係なく魅力的。今回ご紹介するまつ毛メイクは、ぜひカップルでトライしてみてください!



男性の場合は根本を緩めにワンカールするくらいがベストですが、その辺の細かい所は慣れた恋人がアドバイスするのがよさそう。おうちデートの時に、2人でぜひチャレンジして♡



ビューラーは“鏡の位置”がポイント




illustration by machi



ビューラーが苦手な人って、意外と多いですよね。まぶたを挟んで涙でせっかくのメイクが崩れてしまったり、「昔挟んだから怖い」という人もいたり…。根本からきれいに上がらないという人は、鏡の位置を下げてみてください



鏡を下げ、顔の向きは正面のままにして目だけ鏡を見下ろす形にすると、まつ毛の生え際が見やすくなります。そのためまつ毛の根本を挟みやすくなり、伸びている状態のまぶたはかなり挟みにくくなります。



たったこれだけのことで、かなりビューラーが使いやすくなるのでぜひ試してみてください!



ビューラーの替えゴムは必須!



そして、やっぱり大切なのがビューラー選び。まぶたの幅・カーブは人それぞれ違うため、自分に合った物に出会えるまで色々試してみるのがおすすめです。



そして地味ですが、ビューラーの替えゴムは常備してマメに取り替えること。



ビューラーを繰り返し使っていると、ゴムが裂けてきます。その状態のままカールすると上がる角度が不自然になったり、最悪まつ毛が切れてしまったりすることも(実体験です)。こまめにチェックしてくださいね。



ビューラーを温める上級者テクも



そして上級者さんは、ビューラーを温めるという方法も。ビューラーが金属製の物しかできませんが、ドライヤーを使って人肌よりちょっと温かいくらいに温めると、カールがつきやすくなりますよ。



ただし温めた後は必ず、皮膚の薄い手首の内側などで温度を確かめること。まぶたは皮膚が一番薄く繊細なので、ほんのり温める程度で!



「ビューラーをまぶたに一切当てない自信がある!」と言えるほど、ビューラー扱いが完璧になった上級者さんはトライしてみて。



カールキープに適した「プチプラマスカラ」



 




illustration by machi



やっぱりカールキープといえば、マスカラですよね。今回は、優秀なプチプラマスカラをご紹介します。



まずはettusais(エテュセ)「アイエディション (マスカラベース)」(税込1100円)です。ettusaisのおすすめポイントはクシ型で塗りやすく、新品でも液が付きすぎずカールがキープされている間に乾き、きれいなセパレートに仕上げてくれるところ。



マスカラを重ねても自然に仕上がり、カラーマスカラの発色も良くなります。ほんのりブラックの液なので、ナチュラルに仕上げたい時はこれ一本でオッケーな所もうれしいです!



そして驚愕のロングセラー、メイベリン「ボリューム エクスプレス ハイパーカール ウォータープルーフ N」(税込990円)もおすすめ。



遠い昔からずっと今も、プチプラマスカラ界のトップを走り続けているメイベリン。こちらはボリュームもしっかり出したい方におすすめですよ。



ここ数年お気に入りなのが、カールキープ力が抜群のFASIO(ファシオ)「パワフルカール マスカラ EX(ロング)」(税込1320円)。ブラシが細く、根本も下まつ毛も塗りやすいので、繊細なまつ毛が好みの方におすすめです。



裏技:新旧マスカラダブル使い



そして「マスカラって替え時が分かりにくい…」という人に、ちょっと裏ワザをご紹介。



私の場合は、マスカラ液がちょっと乾いてきて使いやすくなったタイミングあたりで、新品のマスカラを開けます。



新品のマスカラは液がサラサラで、乾くまでの間にカールが緩んでしまうことがあるので、乾きが早い古い方のマスカラを一度目に塗って、まずカールを固定。その後の二度塗りで、サラサラの新しいマスカラを使って、ツヤ感のあるまつ毛に仕上げます。



こうすると、古い方が本格的に使えなくなってきた頃に新しい方はちょうど良い粘度の液になっているため、そのタイミングでまた新しいのを開ける、というローテーションが出来上がるのです。



ぜひお試しあれ。




illustration by machi



自分のまつ毛メイクでトライしてみるのはもちろん、恋人のまつ毛も試しに一度ちょっと上げてみては?



これを機会に、惚れ直しちゃうかもしれませんよ♡



カテゴリ