関口メンディー、川村壱馬らチームLDHに指令「攻メンディー!」 貴島明日香やダイアン津田らと『Apex』

関口メンディー、川村壱馬らチームLDHに指令「攻メンディー!」 貴島明日香やダイアン津田らと『Apex』

 eスポーツエンターテインメントの祭典『RAGE PARTY 2021』が23日、開催され、MCとして関口メンディーと、ジャングルポケットの太田博久が参加。後半にはゲーム『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」パートの『Apex Legends ベストトリオ決定戦』にNo.1の称号を巡り、各界から集った3人1組の計20チームが参加し、3試合を行っての累計ポイントを競った。



【写真】2位まで躍進!チーム異色の貴島明日香&速水もこみち



 オープニングで太田はゲームストリーマーとしても人気のメンディーに対し「大会に出たかったんじゃない?」と水を向ける。するとメンディーは「LDHにはもっと上手いやつがいる。彼らを見てほしい」と後輩たちを推した。



 先輩から激励を受けたチームLDH(海沼流星、川村壱馬、武知海青)は、メンディーからの「攻メンディー!」という指令を受けて第1試合から大暴れ。特に活躍したのは武知。海沼と共に安定してキル数を稼ぎ、第2試合では中盤でひとり生き残ると生存を優先した立ち回りで上位に滑り込んだ。高ポイントを獲得して、チームの4位入賞に大きく貢献していた。



 モデルの貴島明日香、プロゲーマーのすもも、タレントの速水もこみちによるチーム異色の3人も大健闘。リーダー的存在のすももに続いて、笑顔の貴島も戦場では容赦なしにバトル。「この日のためにたっぷり練習してきた」という速水は戦前に「(敵プレイヤーを)キルではなく料理してやります!」と宣言。予告通り「みんなが集まっているところを、中華料理かというくらい(爆撃した)」と話し、笑いを誘った。3人は急造チームらしからぬ連携のよさも見せて2位まで躍進した。



 多数参戦した芸人もそれぞれに見せ場が。チームReALe(ダイアン津田、並木万里菜アナウンサー、平岩康佑アナウンサー)の津田は幕間で「チームよしもとには負けない!」と威勢よく意気込み。次の試合では開始直後に瞬殺されるという、津田らしい動きを見せていた。一方、チームザ・たっち&Shuta Sueyoshi(かずや、たくや、Shuta Sueyoshi)は、たくやがダウンしたかずやを回復させて兄弟愛を見せ、さらに兄弟が同時に倒される場面も。シンクロぶりで実況を沸かせた。



 最終的に優勝の栄冠に輝いたのは、チームLDHと共に優勝候補と目されていたチーム女優withゆふな。第3試合のラストでチーム異色の3人との1対3の圧倒的に不利なバトルを驚異のテクニックで制し、通算25キルを稼いだゆふなだったが、それでも「優勝できたのはふたりのおかげ」と仲間に感謝。謙虚な姿勢を崩さないエースに、チームメンバーの黒田瑞貴と柳美稀は「一生ついていきます!」と声をかけた。



 メンディーの独断と偏見によるメンディー賞は、「ゆふなさんに狙われている状況でも棒立ちしていた」というやられっぷりが評価され、チームReALeの並木アナウンサーが受賞。不慣れなプレイヤーへの労いも忘れないメンディーは、エンディングで「初心者や『私は上手くない』という人も参加できたし、FPSが苦手な人もプレイしようと思ういい機会になったのでは」と大会を振り返っていた。
カテゴリ