ハロウィン熱の低い女性が、この時期気をつけたほうがいいこと

ハロウィン熱の低い女性が、この時期気をつけたほうがいいこと

男女のリアルな生活&恋愛事情を取材し、すぐに実践できるテクニックをお届け。恋に効いて素敵に変身できる「恋愛サプリ」。いい女は、普段のちょっとした心がけから作られます。
ハロウィン計画まっただ中
ハロウィン熱が加熱する昨今。いままさに、ハロウィンイベントやコスチューム計画に夢中な人も多いかと思います。
でも、なかにはこのイベントに対して「気持ちの温度が低い女性」がいることも事実。
「あっ! 私、そのタイプかも」と心当たりがある人のために、なぜ「ハロウィン熱が低いのか」を考察しつつ、温度差による摩擦が生じないよう注意すべきことを探っていきたいと思います。
ハロウィン熱が低い女性の特徴
ハロウィン熱が低い女性には、おもに3つのタイプがあるようです。
私はその他大勢とは違う......という気取り屋さんタイプ
個性的な人、あまのじゃくな性格の人、浮かれたイベントが苦手な人に多いのがこのタイプ。ハロウィンだけじゃなく、クリスマスやバレンタインなどでも、なるべく浮かれないようにしています。
盛り上がりたいけどちょっと恥ずかしいシャイタイプ
本当はイベントに参加してコスプレも楽しみたいけど、そこまで弾ける勇気がない......という女性。このタイプは一度体験すると、逆にハマってしまう人が多いようです。
「そもそもハロウィンってなに?」の呑気タイプ
ハロウィン自体をまったく知らないか、興味がまるでない女性。超マイペースだから、周囲がどんなに騒ごうと「我関せず」な態度です。
結果的に損しちゃう、クール過ぎる態度
このなかで気をつけたいのは、Aタイプの女性。
イベントに参加しないのは個人の自由ですが、あからさまに「流行りのイベントに踊らされるなんて子どもっぽい、バカみたい」と他人の楽しみに水をさすのは御法度。
大人の女性を気取っているようでいて、その態度はかえって子どもっぽく見えてしまいます。
自分自身のポリシーを持つのはとても大事。でも他人に理解してもらうのは難しいものです。
「このイベントでHappy気分になっている人がたくさんいるんだな」とおおらかな気持ちでいることができる人こそ、クールな大人女性といえるかも。
低温度女性がこの時期とるべき行動って?
大事なのは、ハロウィンがらみのイベントに誘われたときの断りかた。
「私、ハロウィンって苦手だから」とばっさり拒否するのではなく、相手の気持ちを尊重しつつ、やんわりと距離をとるのが賢い方法です。
たとえば......。
「誘ってくれてありがとう(と、まずお礼を述べる。ここ大事!)。でもその日、どうしても避けられない用があって(説明しすぎると拒否感が強まるため、ここはあやふやにしてOK)。ハロウィン、楽しんでね。ところでどんなコスプレするの(興味がなくても、会話のキャッチボールとして必ず投げかけること)?」。
「一緒に楽しもうよ」と声をかけてくれた友人たちに感謝の気持ちを持つことで、誰も嫌な思いをせず、なおかつハロウィンとの距離感もほどよく保たつことができます。
今年こそ、周囲との温度差&摩擦を最小限に押さえつつ、ノンストレスな状態でハロウィンシーズンを過ごしてみましょう!
image via Shutterstock

カテゴリ