ハイセンスなLUSHの香水がセットに。「パフューム ディスカバリーキット」なら誰とも被らない香りが楽しめそう


英国発ナチュラルコスメブランドのLUSH(ラッシュ)から、2月15日(月)よりオンライン数量限定で「パフューム ディスカバリーキット」が3種類登場したのをご存知ですか?



普段のポップでカラフルなラッシュのイメージとは打って変わった、シックで大人っぽいパッケージに身を包んだデザイン。その中には、キット限定サイズの4種類のパフュームが入っています。



今回は、3種類ある「パフューム ディスカバリーキット」のうちの1種類をご紹介します!



パフューム ディスカバリーキット/LUSH



2月15日(月)からオンライン数量限定で販売がスタートした3種類の「パフューム ディスカバリーキット」。



テーマごとに、ラッシュならではのパフューム開発におけるこだわりやインスピレーションに触れることができるキットで、4本のパフューム(各15ml)が入っていますよ。





写真左は、世界中から再生可能な方法で調達した原材料を使った『パフューム ディスカバリーキット リジェネレーション(税込8,290円)』



写真の中央は、ラッシュの調香の歴史と開発を感じられる『パフューム ディスカバリーキット レトロスペクティブ(税込8,290円)』



そして写真右は、イタリア ルネサンス期の医療の考え方「四体液説」にインスピレーションを受けた『パフューム ディスカバリーキット ルネサンス(税込1万6,750円)』です。



どれもユニークなストーリー背景があるキット。今回は、『パフューム ディスカバリーキット レトロスペクティブ』に入った4種類のパフュームをご紹介します!



ラッシュの歴史を物語る4つの香り





ラッシュの歴史ある香りをセットにした、『パフューム ディスカバリーキット レトロスペクティブ』。



高級感溢れるダークグレーのボックスを開けると、箱に入った4つの香水が目に入ってきます。箱には誕生した年代が記載されており、こちらもシックなデザイン。





それぞれの説明が書かれたリーフレットも入っているので、香水が誕生したストーリーやどんな香りなのか知ることができますよ。





持ち運びにも便利なコンパクトサイズ。ミニバッグの中に入れてもかさばらない大きさだから、外出先でも香りを楽しめるのがうれしいですよね。



ここからは、ひとつずつどんな香水なのか見ていきましょう。



1990/パンジー





『PANSY(パンジー)』は、ラッシュの前身となる、Cosmetics To Go(コスメティクス トゥー ゴー)が発表した「Hollyhocks」シリーズのひとつとして、はじめて登場した香水。



シュッとひと吹きすると、フルーティーながらも、さっぱりでは終わらずに奥深い香りへと進化していくのが特徴です。



爽やかなオレンジフラワーエキスが主体ですが、どこか温かみがあって甘美な雰囲気。濃厚なバルサム調の香りによって、唯一無二の世界へと誘われます。



ベランダで心地良い風に吹かれて、のんびり過ごしたい日にぴったりの香水ですよ。



1995/カルマ





『KARMA(カルマ)』は、ラッシュで最初に誕生した香水のひとつです。



たくさんの音楽に触発されながら誕生したというこの香りは、パチョリやスイートオレンジ、ラバンデュラが複雑に絡み合った、ひと言で表現するならば“ノスタルジック”なフレグランス。



セクシーな雰囲気もありますが、ウッディな香りが入り交じり、全体的に落ち着いた印象にまとまっています。



いつもより大人っぽい印象になりたい時にぴったりの香水です。



2004/ダーティ





ラッシュから派生したコスメブランド、「B Never Too Busy to be Beautiful(ビー ネバー トゥー ビジー トゥー ビー ビューティフル)」から初登場した香りが『DIRTY(ダーティ)』です。



「イタリアンシャワー」という言葉をイメージして作られた香水。



サンダルウッドとラベンダーが醸し出すウッディなフローラルノートを添え、気分を一新できる清涼感たっぷりの爽やかな香りが特徴です。



「恋人と過ごした翌朝に、シャワーの代わりにこの香りをまとってまたどこかに出掛けてしまう」。この爽やかな香りには、そんな官能的な意味も秘められているそう。



4つの中で、最もシーンを選ばない香水。寝る前にひと吹きすれば、リラックス効果もありそうです。



2010/ブレス オブ ゴッド





2010年にGorilla Perfumeコレクションで復刻した香り。雄大な自然の中に建っている、チベットの寺院をイメージして作られました。



空気のように軽やかでフルーティーな香り「インヘイル(息を吸う)」と、ウッディで落ち着いた香り「エクスへイル(息を吐く)」を融合している、複雑で独創的な香りが特徴です。



ひと言で表現が難しいのですが、最初にレモンやネロリといった柑橘系の香りがスッと香り、そのあとに寺院内でのお香を表現しているかのようなスモーキーなフレグランスが広がります。



肌につけるだけでなく、お部屋の空間に振りかけるのもおすすめ。心が整う、安らぐ空間になること間違いなしですよ。



香りでおしゃれの差がつきそう





『パフューム ディスカバリーキット レトロスペクティブ』に入っている4本は、どれもまわりと被りにくいハイセンスな香水。



まさに、“おしゃれの差をつけられる香水”という表現がぴったりです。





高級感溢れるパッケージも相まって、自分用にはもちろんプレゼントとしても喜ばれること間違いなしのアイテムですよ!



気になる方は、オンライン数量限定アイテムなので、お早めにチェックしてみてくださいね。





カテゴリ