50TA × 50PA対決のBD&DVD発売 音楽界の革命児と最強のライバルの激闘を収録 『シュウペイ作曲編』も

50TA × 50PA対決のBD&DVD発売 音楽界の革命児と最強のライバルの激闘を収録 『シュウペイ作曲編』も

 テレビ朝日系バラエティー『ロンドンハーツ』(毎週火曜、後11:15)から、50TA × 50PAの対決・ライブシーンなどを収録したBlu-ray(初回生産限定盤)とDVD(通常版)が24日、発売された。



【写真】50PA生配信ライブのオフショット



 2009年、ロンドンハーツ内のドッキリ企画で誕生した狩野英孝扮(ふん)する“音楽界の革命児”50TA。彼が生み出すクセになるメロディーとトリッキーな歌詞は、放送されると、すぐに大きな話題を巻き起こした。その後、リリースされたフルアルバム『50TA』は、オリコン週間アルバムランキングで9位(2010年2月22日付)を獲得。その後も幕張メッセで5000人を動員するライブを行うなど、ロンハーの音楽担当を10年以上担ってきた。



 今回の『ロンドンハーツ 50TA × 50PA』は、そんな50TAのピンチから幕を開ける。昨年夏、何も聞かされないままスタジオに呼び出された50TA。不安を吐露しながらも、和やかにトークをしていると、ロンドンブーツ1号2号・田村淳から、驚きの一言が飛び出す。「本日、50TAの公式ライバルが誕生しました」。



 50TAの前に現れたのは、ぺこぱ・松陰寺太勇こと50PA。キャッチーな楽曲を披露し、50TAの度肝を抜く。ここで、淳から対決内容が発表された。数ヶ月後のスペシャル放送までに、新曲3曲を制作し、それぞれ披露。生放送の視聴者投票で勝利した者には、生配信ライブの権利が与えられるという。



 突然の対決企画に50TAはうろたえるも、50PAは堂々と条件を受け入れ。そして、番組は、2人の楽曲制作に密着。50TAの天然発言やユニークな曲作りが爆笑を生むだけでなく、50PAを意識するあまり、スランプに陥る様子も。一方、50PAはアレンジャーとして加入したヒャダインとの楽曲制作で笑顔に。



 そんな対照的な50TA × 50PAの新曲発表ライブは必見の内容に。苦悩や挫折がありつつも、らしい独自のメロディー進行の楽曲を発表する50TAに対し、50PAは勢いそのままにキャッチーなオリジナルソングで対抗。本編では、横浜スタジアムで行われた視聴者生投票の放送されなかった発表後の様子も収録。その時、50TAは? そして50PAは?



 ほかにも、淳がシュウペイに楽曲制作を依頼する『シュウペイ作曲編』も収められている。



 今回のBlu-ray&DVDには、新曲対決の模様に加え、ライブ前の楽屋の様子からリハーサル、バックステージの模様など、未公開映像もたっぷり収録。BDは、オリジナルトートバッグが付いてくる限定スペシャルパッケージ仕様となっている。
カテゴリ