男性が走って逃げる!女性からの「好きだよ」アピール

男性が走って逃げる!女性からの「好きだよ」アピール

好きな男性が目の前にいたら、どうにかして自分の気持ちを伝えたいと思ってしまいますよね。


そのため、いろいろな方法でアプローチを試みるという女性も多いと思います。


ですが、女性からのアプローチのいくつかは、男性に不評です。


今回は、男性が苦手な女性からのアピールの仕方をご紹介します。




毎日の止まらないLINE


「ちょっと仲良くなったかなって思った子から、毎日毎日LINEがとめどなくくるのは疲れました。


愛情はすごく感じるんですけど、付き合ったらもっと重たくなるんだろうなって想像すると、無理でしたね」(32歳/教育)


愛情と話したい内容の量って比例して増えていってしまいますよね。


好きな人だからこそ、些細なことでも共感してほしいと思うこともあります。


ですが、相手の気持ちを考えずに毎日LINEを送るのは考えものです。


LINEの頻度は、相手のペースにある程度合わせてあげたほうが負担が少なくてすみます。


あからさまな甘え方


「甘えてくる女性は魅力的だなと思いますが、あからさまに甘えられすぎると呆れてしまいます。


特にアラサーになって、ただただ子どものように甘えてくる女性は、可愛いというより幼いというイメージしか持てなくて恋愛対象外になってしまいます」(39歳/自営)


甘え上手な女性って、男性からの人気が高いです。


でもそれは、甘えてもよいタイミングや回数をしっかりとコントロールしているから。


とにかく好きな相手に甘えまくればよいというわけではありません。



質問攻め


質問攻め


「終わらない質問攻めには参りましたね。


きっと自分のことをたくさん知ってくれようとしていたんでしょうけど、なんか尋問にあっているような気分になってしまって」(36歳/自動車)


好きな人のことは何でも知りたいと思ってしまうのが女心。


でもその気持ちに素直になりすぎて、質問攻めにするのはやめましょう。


質問は会話の中で自然な流れで出てくるのが正解です。


そうでないと、相手は一方的に情報を与え続けるだけの存在になってしまいます。


おわりに


好きな気持ちが強ければ強いほど、暴走してしまう可能性は高まります。


恋ってそういうものだから、仕方がない部分もあります。


ですが、相手が嫌がることをしてしまえば、絶対にその恋は実りません。


相手の気持ちを尊重して、逃げられないように気をつけてくださいね。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ