香川の老舗かまぼこ店からかわいい「ひなまつりかまぼこ」が登場!

香川の老舗かまぼこ店からかわいい「ひなまつりかまぼこ」が登場!


3月3日(水)はひなまつり。熊野かまぼこ店から、自分も周りもハッピーにするかまぼこ「はぴかま」シリーズとしてひな人形をかたどった「ひなまつりかまぼこ」が登場!2月24日(水)から、店頭と熊野かまぼこ店サイトにて「はぴかま ~ひなまつりセット『おひなさまかまぼこ』」の本格販売を開始している。

「ひなまつりかまぼこ」で健康と幸せの想いを伝えよう


熊野かまぼこ店は、香川で3代、60年以上続く老舗かまぼこ店。これまで、揚げかまぼこ消費が鹿児島に次ぐ第二位の香川県高松市で、かまぼこ、さぬき天ぷらの販売を主に行ってきた。


「ひなまつりかまぼこ」は、かわいいひなにんぎょう型のかまぼこで、桃の節句に華を添える一品。

かまぼこは、子どもの成長には欠かせないタンパク質が豊富で、アミノ酸スコアは卵以上と、低カロリー高たんぱく&ヘルシーなのも嬉しい。

今回は、節句を彩る桃と桜もちのかまぼこもなどとセットにして販売。セット内容は、めびなかまぼこ×1個、おびなかまぼこ×1個、桃かまぼこ×1個、桜もちかまぼこ×2個、細天×3本、ショウガ天×2枚、イカ天×2枚、キクラゲ天×2枚、エビ巻×2本。価格は3,618円。

細工かまぼこの伝統技術


以前は結婚式の引き出物にはおめでたい「鯛」などをかたどった細工かまぼこが定番だった。しかし、結婚式のスタイルが変わったこともあり細工かまぼこの需要は減少し、細工かまぼこの技術を持った職人も減っているのが現状だという。“伝統技術を後世に残していくためにも、新しい細工かまぼこを作り続けます”と同店は語る。

見た目もかわいい“食べられる”おひなさまで、桃の節句を楽しんでみては。
カテゴリ