銀座・資生堂パーラーの「苺フェア」最終第3弾がスタート。20周年記念プレート&パフェも同時発売されます


資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェにて年明けから開催中の「2021こだわりの苺フェア」、最終第3弾が3月2日(火)からスタート。



期間中は「東京銀座資生堂ビル20周年」記念メニューも同時発売されます。



苺フェア、最終第3弾がスタート



時期に合わせて厳選された、華やかな苺スイーツが楽しめる「2021こだわりの苺フェア」。



第3弾となる3月は、3品種のストロベリーパフェがお目見えします。





『和歌山県 日高郡産“まりひめ”のスペシャルストロベリーパフェ』(2,500円)は、和歌山県外ではなかなか味わえないという希少な「まりひめ」を使用。





大粒で甘く、心地よい香りを堪能してくださいね。



他にも、愛媛県のオリジナル品種を使った『愛媛県 北宇和郡産“レッドパール”のストロベリーパフェ』、市場になかなか出回らない希少な品種を使った『宮崎県 宮崎市 大野農園産“おおきみ”のストロベリーパフェ』(各2,000円)がお目見えするそうですよ。





20周年記念メニューも同時発売



『東京銀座資生堂ビル20周年記念 お祝いプレート(ドリンク付)』(2,600円)は、旬の苺が使われた華やかスイーツがワンプレートに大集合。





ミルフィーユ、ババロア、クレープ、ロールケーキ、マカロン、ミルクプリン、ミニパフェ、すべてが甘酸っぱい苺仕立てに。



 20周年記念パフェは3種類が登場。





『ジャマイカパフェ』(2,000円)は、自家製バニラアイス×資生堂パーラーで長年愛され続けるジャマイカ産ラム酒のゼリーが使われた大人味。





『ヴィーガンチョコレートパフェ』(2,500円)は、フランボワーズ×ペルー産ドモリ社のチョコレートにローズの香りをあわせたしあわせパフェ。





『プリン ア ラ モードパフェ』(1,800円)は、コクのあるカスタードプリンにフルーツと自家製アイスをプラス。





ご紹介したメニューは3月31日(水)までの期間限定。



春のご褒美を味わいたい人は足を運んでみてはいかがでしょう。



※商品はすべて税込価格です。

※画像はイメージです。食材の入荷状況によりメニュー内容および提供期間等が変更される場合があります。



資生堂パーラー ホームページ

https://bit.ly/3uqcWmj



カテゴリ