カノエラナ、子ども番組に3年ぶり楽曲制作「マジカルな曲になりました」

カノエラナ、子ども番組に3年ぶり楽曲制作「マジカルな曲になりました」

 シンガー・ソングライターのカノエラナが、NHK・Eテレの4歳から6歳向けの子ども番組『みいつけた!』(月~金 前7:45~8:00)のエンディングテーマ「ぱっぷんぷぅ」を作曲したことが26日、発表された。オンエアは3月8日から。



【画像】子ども番組『みいつけた!』より



 カノエラナは、若い世代を中心に支持を集めており、2017年に同番組のために「カゲのオバケ」を書き下ろした。それから約3年、今回は「もしも魔法が使えたら…」と誰もが一度は夢を見る「魔法」をテーマにした楽曲が完成した。同番組ではこれまで、トータス松本、星野源、スキマスイッチ、森山直太朗さん、くるりの岸田繁らがテーマ曲を制作している。



 カノエラナは「「『カゲのオバケ』に続き、またこうして曲を担当できることが本当にうれしいです。今回は憧れとかわいさをかき集めたマジカルな曲になりました。一度聞いたら、となえずにはいられない…!?」とコメントを寄せている。
カテゴリ