竹内涼真が傷つきながらも闘う姿にキュン 『キミセカ』“守ってあげたい男子動画”解禁

竹内涼真が傷つきながらも闘う姿にキュン 『キミセカ』“守ってあげたい男子動画”解禁

 俳優の竹内涼真が主演する日本テレビ系連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜 後10:30)第7話(28日放送)を前に、竹内演じる主人公の響や、笠松将、キム・ジェヒョン、浅香航大ら男性陣を中心にこれまでの戦闘シーンや、胸が締め付けられるような切ないシーンをまとめた「守ってあげたい男子動画」が解禁された。



【動画】『キミセカ』“守ってあげたい男子”動画が公開



 地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる、死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である今作の魅力のひとつが、男たちが見せる“涙”や、愛する者のためにやられてもやられても“耐える姿”。生ける屍の世界という絶望的な状況のなかで闘い続ける彼らの姿に胸キュンしてしまうこと必至な内容となっている。



 先週第6話では、ついに響の前に現れた首藤(滝藤賢一)は、響をゴーレムの実験材料にすると語る。迫り来るゴーレムに追い詰められたその時、佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)が現れ、響を救うのだった。諦められず再び来美(中条あやみ)を捜す響だが、たどり着いた研究室で見たものは、はるか昔に亡くなったはずの母・琴子(臼田あさ美)のゴーレムと化した姿だった…。響と首藤、二人の過去に隠された秘密が明らかになり始めた。



 第7話では変わり果てた母の姿にショックを受けた響は、トドメをさせないままその場を後にする。一方、響を心配して引き返した佳奈恵とミンジュンは、来美と勝利(田中奏生)に鉢合わせる。妹を“テロリスト”に殺されたと思い込む勝利はミンジュンに襲いかかり、来美は勝利を守るため、ミンジュンにナイフを向ける。

カテゴリ