映画『銀魂』冒頭90秒は『ドラ〇ンボール』風 本編映像解禁で“Z戦士”集結

映画『銀魂』冒頭90秒は『ドラ〇ンボール』風 本編映像解禁で“Z戦士”集結

 公開中のアニメ映画『銀魂 THE FINAL』の新たな本編映像が26日、解禁された。人気アニメ『ドラ〇ンボール』(DB)風?の絵柄となったキャラクターたちの姿を見ることができる。



【動画】銀さんがサイヤ人に!? ファン混乱の映画『銀魂』冒頭90秒動画



 解禁されたのは、本編の冒頭90秒で「侍の国。俺たちの国がそう呼ばれていたのは、今は昔の話…」という銀さんのナレーションが。途中までは、これまでのあらすじを説明する『銀魂』の映像だったが、銀さんの登場から一転、急に絵柄が『ドラ〇ンボール』風に。そして、万事屋とともに集まったのは真選組、猿飛あやめ、柳生九兵衛、月詠といったおなじみの仲間たちも“Z戦士たち”となっている。



 実際、映画をすでに見たファンからは「銀魂を見に来たと思ったのに、始まったのはドラ〇ンボールだった」、「銀魂の映画なのに最初からドラ〇ンボールで意味がわからない」などの声もあり、入場者プレゼントで<炭治郎&柱イラストカード>なども配布したこともあって、「1日で銀魂と鬼〇とドラ〇ンボールを見られて幸せ」という反響もあった。



 なお、同作は実際に『ドラ〇ンボール』を制作していたスタッフも参加しており、おなじみの主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」も流れるなど、「そこまでやる!?」と言われるほどギャグ作品らしく徹底的にこだわっている。



 『銀魂』は、2003年12月から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした同名漫画が原作。架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配された世界で、何でも屋の坂田銀時とそれを取り巻く人々が織りなすSF時代劇コメディー。19年6月に完結し、コミックスは累計5500万部を突破する人気作品で、06年4月にテレビ東京系でアニメの放送がスタートし、これまでに第4期まで放送している。



 『銀魂 THE FINAL』では、地球滅亡のカウントダウンが迫る中、銀時、高杉、桂が、虚の野望を阻止するために奮闘。そして、師匠・松陽の悲願を胸に戦い続ける銀時たちを援護するため、新八、神楽、真選組たちまでもが参戦し、彼らの“最後”のバカ騒ぎが描かれる。

カテゴリ