映画『ステージ・マザー』座談会 「頭の固い親の愛が試されるお話」

映画『ステージ・マザー』座談会 「頭の固い親の愛が試されるお話」

 田舎の主婦メイベリンが、ひとり息子リッキーが遺した経営破綻寸前のゲイバーを相続し、再建のためにドラァグクイーンたちと奮闘する姿を描いた映画『ステージ・マザー』(2月26日より公開中)のキャスト・スタッフによる座談会を収録した特別映像が到着した。



【動画】映画『ステージ・マザー』キャスト・スタッフの座談会



 ある日、テキサスに住むごく普通の主婦メイベリンは、ゲイバーのオーナーでドラァグクイーンの息子の死をきっかけに、彼が経営するバーを相続することになる。息子が生きている時にはわかり合えなかった後悔をバネに、彼が自分らしく生きた街で、メイベリンもまた自分らしさとは何か、生きるとは何かを見つめ直す。あらゆる偏見の壁を乗り越えてチャレンジすることで見えてくる、新たなる希望と友情を描くハートウォーミングストーリー。



 『キッズ・オールライト』やNetflix映画『シカゴ7裁判』を製作したJ・トッド・ハリスがプロデューサーを務めた本作。主演は『世界にひとつのプレイブック』などで知られるジャッキー・ウィーヴァー、共演は『チャーリーズ・エンジェル』シリーズやドラマ『エレメンタリーホームズ&ワトソンin NY』のルーシー・リュー、ドラマ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』のエイドリアン・グレニアーなど。



 トランス女性のドラァグクイーン・チェリー役は、同じくトランス女性の俳優で『タンジェリン』の好演で知られるマイア・テイラーが演じ、「セクシュアリティの違う俳優が性的マイノリティの役を演じる」という昨今の問題も乗り越えた。



 座談会には、キャストのジャッキー・ウィーヴァー、ルーシー・リュー、エイドリアン・グレニアー、トム・フィッツジェラルド監督、脚本家のブラッド・ヘニング、そしてプロデューサーが集合。



 主人公のメイベリンを演じたジャッキー・ウィーヴァーは「この物語にすごく共感しました。脚本を読んで魅了されたわ。頭の固い親の愛が試されるお話なんて」と語ると、「恐怖から抜け出して愛が生まれる物語ですよね」と、リッキーのパートナーでバーの共同経営者のネイサンを演じるエイドリアン・グレニアーが同調する。



 リッキーの親友シエナ役を演じたルーシー・リューは「ジャッキーが演じるメイベリンは、私が演じるシエナにとって母親的存在になっていきますが、そのやりとりが私には魅力的でした」と、メイベリンが徐々に周囲の”母親”になっていく過程に注目したという。



 本作でメガホンを執ったトム・フィッツジェラルド監督は「メイベリンの気持ちを考えながら私たちはアプローチしました。私にとってこの映画は母親が息子をどう受け入れるかというより、愛を見出していく過程を描きました」と、愛の物語であることを強調している。



 劇中で披露されるドラァグクイーンたちの煌びやかなステージも本作の見どころのひとつ。このステージでの選曲については「80年代の名曲は意図的に入れましたね。リッキーは子どもの頃、メイベリンとラジオを聴いていたはずだからそのころの曲を好むだろうと思ってね」と脚本家のブラッド・ヘニングはどこか郷愁を誘う選曲理由を明かしている。

カテゴリ