芳根京子、誕生日サプライズに“号泣” 北川景子が祝福「立派な女優さんになられた」

芳根京子、誕生日サプライズに“号泣” 北川景子が祝福「立派な女優さんになられた」

 女優の北川景子(34)、芳根京子(24)、堤幸彦監督(65)が28日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。



【動画】映画『ファーストラヴ』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した芳根京子



 イベント終盤、同日に24歳の誕生日を迎えた芳根のため、バースデーサプライズを敢行。花束をプレゼントした北川は「お誕生日、おめでとうございます。この作品で改めて芳根京子さんという女優さんとご一緒できて本当にうれしかった」とお祝いの言葉を添えた。



 続けて「初めてお会いした時は、デビューして2年目くらいで、右も左も分からないような感じだったのに、会わない間に朝ドラや大変なお仕事を乗り越えられて立派な女優さんになられて、お芝居のことを逆に学ばせてもらいました」とリスペクトの眼差しを向け「プライベートでも仲良くさせてもらっていて、これから本当に楽しみな子だなと思ってます。これからもよろしくお願いします」とほほ笑み掛けた。



 尊敬する北川からの言葉に「きょうで24歳になりました。すごく幸せな誕生日だなって思って…」と我慢しきれず、大粒の涙を流した芳根。「こういうご時世で友だちとも会えないなと思っていたところ、舞台あいさつが入ったと聞いて、それだけで24歳のステキな始まりだなと思っていたけど、まさか北川さんからうれしいお言葉をいただけるなんて…」と涙声で喜びながら「誰か(北川の言葉を)録音していたら私にください」と正直に漏らして、笑いを誘っていた。



 「動機はそちらで見つけてください」と、アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺する場面からスタートする原作小説は、累計発行部数35万部を超えるベストセラーに。北川が演じる公認心理師の真壁由紀は、事件のドキュメンタリー本執筆の依頼を受け、容疑者・聖山環菜(芳根)と面談を重ね、二転三転する供述に翻ろうされながらも彼女の心理に迫る。やがて由紀自身がしまいこんでいたある過去の記憶にも結び付く、意外な真相が浮かび上がっていくサスペンスミステリー作品。

カテゴリ