川口春奈、TBS新ドラマ『着飾る恋』で主演 横浜流星と“うちキュン”ラブストーリー

川口春奈、TBS新ドラマ『着飾る恋』で主演 横浜流星と“うちキュン”ラブストーリー

 女優の川口春奈、俳優の横浜流星が、4月スタートのTBS系新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)に出演することが2月28日、発表された。川口は、同枠ドラマに初出演・初主演を飾り、横浜は、『初めて恋をした日に読む話』以来、2年ぶりの“凱旋”となる。



【画像】4月スタート『着飾る恋には理由があって』のビジュアル



 同ドラマは、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。



 脚本は、昨年放送し社会現象となったドラマ『恋はつづくよどこまでも』を手掛けた金子ありさ氏が担当。制作チームには、『MIU404』『わたし、定時で帰ります。』『アンナチュラル』などのプロデュースを担当してきた新井順子氏、新井氏と多くの作品でタッグを組み、『MIU404』『グランメゾン東京』などを演出してきた塚原あゆ子氏といったメンバーがそろった。



 川口演じる“着飾る女”真柴くるみは、少し背伸びしつつも頑張り屋な主人公。「出演が決まった時は純粋にうれしくて、みんなで一緒にルームシェアするシーンを想像して、撮影が楽しみだなと思いました」と話しながら、横浜との共演について「横浜さんとは3年ぶりぐらいにお会いするのですが、その時とは違ってお互い歳も重ねて、ちょっと大人な感じのラブストーリーをやれることが感慨深いです」としみじみ語った。



 そんな横浜は、真柴とひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになる“ミニマリスト男”藤野駿を演じる。「間違いなく僕を大きくしてくれたこの火曜よる10時枠に2年の月日を経て戻ってこられたことがうれしかったです」と感慨深げな表情を浮かべつつ、「川口さんとも久しぶりにがっつり共演できるので、楽しみながら作品づくりができたらと思います」と言葉に力を込めていた。



■『着飾る恋には理由があって』のあらすじ



主人公は、“着飾る女”真柴くるみ(ましば・くるみ/26)。インターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカー「el Arco Iris」(エル・アルコ・イリス)の広報として、プレスリリースやメルマガの作成、メディアの取材対応、広告宣伝のPR活動を担当。「el Arco Iris」を興した社長・葉山祥吾(はやま・しょうご/40)からも一目置かれている。会社に貢献したいと宣伝を兼ねて始めたSNSでは10万人近くのフォロワーを持ち、インフルエンサーとしても活躍。会社のため、フォロワーのため、そして密かに想いを寄せる葉山社長のため、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし努力する日々――。



そんな真柴だが、日々業務に追われマンションの契約更新を忘れていたせいで部屋を追い出されてしまう。彼女に手を差し伸べたのは、カフェでバイトしていた頃に仲良くなった常連さんで、真柴の唯一の女友達であり、「姉御」と慕う人気フードスタイリスト・早乙女香子(さおとめ・こうこ/50)。香子の計らいで真柴が行き着いた先は、表参道の一等地に建つ彼女のマンション。表参道の高級マンションで優雅な一人暮らし! と思いきや、まさかまさかの知らない人たちとのルームシェアだった!



そこにいたのは既成概念を覆す、カオスなメンバーたち。自由気ままに好きな時だけキッチンカーでバルを営業する料理人で、シンプルな生活を追求する超マイペースな性格のミニマリスト・藤野駿(ふじの・しゅん/26)。そして、駿のはとこでオンラインカウンセラーとして悩み相談を請け負っている関西人・寺井陽人(てらい・はると/36)。さらには、近所の高級スーパーでデリバリーのバイトをする傍ら、現代アートの絵画やオブジェを作るアーティストの卵・羽瀬彩夏(はせ・あやか/33)。この3人に真柴と香子という、縁もゆかりもない、年齢も職種もバラバラの5人暮らしが始まることとなる。



しかし「他人との共同生活は修行である」という格言のとおり、トラブルが多発…。それぞれ考え方や好みが違う。他人の評価を気にして生きてきた真柴は、共同生活の中で自分らしく自由に生きる駿と過ごすうちに凝り固まった価値観が変わっていく――。そして、2人の距離は急速に縮まっていくことに…!?
カテゴリ