新生『R-1』審査員も大改革 歴代王者のザコシ&野田クリスタルが初審査「アホンダラいいますわ!」

新生『R-1』審査員も大改革 歴代王者のザコシ&野田クリスタルが初審査「アホンダラいいますわ!」

 7日にカンテレ・フジテレビ系で生放送される、史上最大の“ひとり芸日本一決定戦”『U-NEXT PRESENTS R-1グランプリ2021』決勝(後7:00)の審査員が1日に発表され、麒麟・川島明、古坂大魔王、陣内智則、友近、ハリウッドザコシショウ、ホリ、マヂカルラブリー・野田クリスタルが担当することが決定した。



【集合ショット】ガッツポーズの『R-1グランプリ2021』決勝進出者9人



 2002年より開催している史上最大の“ひとり芸日本一決定戦”。19回目となる今大会より『R-1ぐらんぷり』から『R-1グランプリ』へとカタカナ表記に変更し、ロゴも刷新し、出場資格も芸歴10年以内となるなど、大きくリニューアルした。



 ファイナリストは、かが屋・賀屋、土屋、森本サイダー、高田ぽる子、吉住、kento fukaya、寺田寛明、ZAZY、ゆりやんレトリィバァの9人。決勝の司会は、霜降り明星と広瀬アリスが担当し、Creepy Nutsがテーマソング「バレる!」を書き下ろした。



 決勝は、当日に開催する「復活ステージ」を勝ち抜いた1人が加わり、計10人で1stステージを戦う。1人ごとに点数審査を行い、最終的に点数の高かった3人がFinalステージへ進出し、さらにもう1本ネタを披露し、その点数が高かった人が優勝となる。「復活ステージ」通過者は、当日の生放送の中で発表される。



 参加資格を芸歴10年以内としたことに合わせて、審査員も7人中5人が初めてのメンバーという今大会。これまで、たくさんのネタを作ってきた各審査員が、芸歴10年以内の芸人が作るフレッシュなネタに対して、どんな審査をするのかにも注目が集まる。さらに『R-1グランプリ』公式ツイッターを利用し、視聴者も審査に参加できる「視聴者投票」を今年も実施。視聴者の票によって、決勝進出者の運命が変わる可能性もある。



 また決勝当日に、スペシャル番組『RGのR-1裏生あるある実況』『ファイナリスト全員集合!R-1グランプリ大反省会SP』をU-NEXT独占で無料生配信することも決定。『RGのR-1裏生あるある実況』は、浅越ゴエとレイザーラモンRGが決勝を観ながら生実況。R-1を知り尽くした2人が“舞台裏あるある”も交えながら、経験者ならではのマニアックな解説を展開し、敗退直後のファイナリストの声をいち早く届ける中継コーナーも実施する。



 『ファイナリスト全員集合!R-1グランプリ大反省会SP』では、熱戦を終えたばかりのファイナリストが全員集合。見取り図とおいでやすこが(おいでやす小田&こがけん)とともに、新生『R-1』を振り返る。今回、初審査となる5人がコメントを寄せた。



■麒麟・川島明

自分が決勝に出た時は立っているだけで背骨が折れそうなほど緊張した舞台です。今年から新たに生まれ変わる『R-1グランプリ』、その革命的な回となる今回に審査員として呼んでもらえた責任をしっかり果たしたいと思います。たった一人で、たった一晩で自分の人生を変えてやってください!



■古坂大魔王

私はお笑い芸人である前に、小さい頃から今もずっとお笑いが大好きなお笑いファンです。この『R-1グランプリ』という笑いの祭典を、芸人さんに一番近い特等席で純粋に楽しませていただこうと思っています! スタジオでもずっと笑っていると思いますが気にしないでください!



■ハリウッドザコシショウ

お! ええやんええやん! 『R-1グランプリ』若返りやん! ニュースターやん! 審査員ハリウッドザコシショウやん! さすがカンテレ、目の付け所がやっぱりちがうやん! さすがやんさすがやん! ええやんええやん! 2016年の『R-1』で優勝して世に出るようになり今があります。『R-1』に少しでも恩返しできるならと思いやらせていただきますわ! この審査員オファー受けたからには、ハリウッドザコシショウ全力で審査員務めさせていただきます! ファイナリストのひとり芸とても楽しみにしておりますわ! アホンダラいいますわ! ゴース!…は?



■ホリ

大変恐縮です。自分でいいのかとぶっちゃけ悩みましたが、せっかくのお話に全ノリすることにいたしました。今でも他の番組でネタの審査されている側なので、審査される側の気持ちはわかってるつもりです。こちらも皆さんの人生がかかってるので、それなりの覚悟でやらせていただきます。とは言え、ネタを見るときは、力を抜いて楽しんで見たいと思います。生放送なので、言葉使いには特に気をつけたいと思います。皆さんの笑いで日本を元気にして下さい!!



■マヂカルラブリー野田クリスタル

話をいただいたときはうれしかったですけど、受けるかどうかめちゃめちゃ悩みました。出る側の気持ちがわかり過ぎちゃうので、プレッシャーで…。でも、最近まで『R-1グランプリ』に出ていた審査員もいたほうがよいかなと思い、大会も若返るので腹をくくりました。『R-1』はこれまで全大会出てきて、ほかの賞レースにもたくさん出てきましたけど、ついに審査員に、時代がやってきたかと(笑)。芸歴10年以内になったので、これまで鳴りをひそめていた若手に、ノビノビとやりたい放題にやってほしいです。
カテゴリ