弘中綾香アナ初フォトエッセイさらに重版 田中みな実のコメント掲載決定

弘中綾香アナ初フォトエッセイさらに重版 田中みな実のコメント掲載決定

 テレビ朝日アナウンサー・弘中綾香のウェブ連載コラムをまとめた、弘中初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス/2月12日に発売)。すでに発売前重版となっていたが、発売3日後にさらなる重版がスピード決定し、3刷分からは番組共演中の田中みな実による帯コメントが決まった。



【写真】サイン本も好調!追加で合計1600 冊にサインした弘中綾香



 自身の30 歳の誕生日に発売となった本書。予約数の多さから発売前に重版をし、さらに発売3日で早々に重版が決定、累計出荷は4万部となった。そして3刷分からは帯を新装し、『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系/毎週土曜 後9:55)で共演中の田中みな実によるコメントが掲載される。



 田中のコメントについて弘中は「恐れ多くて、発売されるまで見られません!」といい、現在までコメントを見ていない状態という。



 本作は、雑誌『Hanako』(マガジンハウス)の公式ウェブメディア『Hanako.tokyo』で2019年5月から掲載中の同名連載を書籍化したフォトエッセイ。「いま」と「これから」の2パートに分け、「いま」では昨年12月までの全ての連載に加え、未公開の撮りおろし写真も収録。また、「もしアナウンサーになっていなかったら」というテーマで撮影した書籍オリジナルの4つの職業イメージフォトも、書き下ろしエッセイとともに掲載。



 「これから」では、「会いたいひとに聞きたい…弘中綾香の30歳、どう進めばいいでしょう?」と題して、弘中自身が直接会って話を聞きたかったという3名との対談が実現。作家・林真理子氏、テレビ朝日エグゼクティブプロデューサー・加地倫三氏、オードリー・若林正恭との対談と、その感想を書き下ろしエッセイとして収録している。
カテゴリ