BUMP OF CHICKEN、来期朝ドラ『おかえりモネ』主題歌担当 「大変光栄に思います」

BUMP OF CHICKEN、来期朝ドラ『おかえりモネ』主題歌担当 「大変光栄に思います」

 ロックバンドのBUMP OF CHICKENが5月スタートのNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の主題歌を担当することが1日、発表された。ドラマのために新曲「なないろ」を制作した。



【動画】結成25周年記念日に公開された新曲「Flare」



 『おかえりモネ』は現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音(清原果耶)が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気に関わっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。



 コメントを発表したBUMP OF CHICKENは「この度はNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の主題歌を担当させて頂く事になりまして、大変光栄に思います。昨年の夏頃、楽曲の制作に取り掛かる前に、ドラマの制作スタッフの皆様の作品づくりにかける思いを聞かせて頂く機会があり、その熱量に一同強く心を打たれ、共感しました」と曲が生まれるまでのエピソードを披露。



 その上で「このドラマを視聴者の皆様の朝にお届けする時に僕らの楽曲『なないろ』が少しでもそのお役に立てたらと思います。放送を楽しみにしています」と伝えている。



 同ドラマの制作統括・吉永証氏(NHK)も「撮影の準備で忙しくしていたある日、BUMP OF CHICKENさんから主題歌のデモが送られてきました。心地よくて優しい歌声、スキップしたくなるような軽快なリズム、心にじんわり沁みる歌詞。繰り返し、繰り返し聞きたくなる魂(ココロ)のこもった曲で、とても感激しました。そして何よりも曲の世界観がドラマで描こうとしていることを、いみじくも表現していてびっくり、改めてBUMP OF CHICKENさんの音楽の凄さを実感しました」と楽曲の仕上がりを絶賛している。
カテゴリ