渡辺直美、4月から活動拠点をアメリカへ 日本のレギュラーは「3月いっぱいで一度卒業します」

渡辺直美、4月から活動拠点をアメリカへ 日本のレギュラーは「3月いっぱいで一度卒業します」

 お笑いタレントの渡辺直美(33)が1日、自身のインスタグラムを更新し、4月から活動拠点をアメリカに移すことを発表した。米のエージェント会社2社と契約し、マネージメントは吉本興業と継続する。日本のレギュラーテレビ番組は、「3月いっぱいで卒業します」と明かした。



【写真】”超盛れてる”写真とともに活動拠点をアメリカにすることを報告した渡辺直美



 渡辺は「ご報告です。この度4月からアメリカを拠点に活動することが決まりました! 今までも海外のお仕事は頂いておりましたが、本格的に2年前からアメリカや日本で海外に向けて準備してきました!」と報告。



 アメリカでの活動に向けて「この度アメリカのエージェント会社2社と契約いたしまして、本格的に海外でのエンターテイメント活動が始まることになりました! エンターテイメント全般のエージェントICMとモデルエージェントIMGの2社にお世話になります!」と伝えた。



 日本と海外の仕事を「半分半分にしたかった」と本音を明かしながら、「今の時期、頻繁に行き来出来するのは危ないので、エージェント契約をキッカケに、アメリカに移住する事を決めました!」とコロナ禍により活動拠点を移すことを決断。そのため「日本のレギュラーやTV番組は3月いっぱいで一度卒業」する。



 ただ、「全く日本での活動を無くすわけではなく、アメリカを拠点に日本を含め色々なお仕事を、幅広く出来たら良いなと思っております」と日本での活動にも意欲を見せる。期間については「決めておりません!なんにもなく5年すぎる可能性もあります!その時は笑って下さい」と呼びかけた。



 2014年に米国留学した渡辺は、日米で活動の幅を広げ、19年にはニューヨークに自宅も購入。2月28日放送のTBS『林先生の初耳学』で林修氏と対談し、「向こうで仕事をするためにはアメリカのエンタメを学ばなきゃいけないので、向こうでの仕事の地位も作って基盤づくりを35までにやりたい。40歳までには主演のコメディーの映画をやりたい」「主演のコメディーで賞を獲りたいです」と意欲を語っていた。



 渡辺はお笑い芸人という枠を超え、女優として主演TBSドラマ『カンナさーん!』など多数の作品に出演し、ファッションデザイナーとしても活躍。インスタグラムのフォロワーは日本人トップの935万人を超え、米ブランド「KATE SPADE」のグローバルアンバサダーに起用されるなど、日本におけるポップアイコンとして世界から注目されている。



 現在のレギュラー番組はNHK『シブヤノオト』、NHK Eテレ『TBS『世界くらべてみたら』、テレビ朝日『あの人がいいねした一般人』、ABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい』など。



 同じ吉本興業では、ピースの綾部祐二(43)も2017年から米・ニューヨークを拠点に活動している。
カテゴリ