一生添い遂げたい!男性が運命の相手だと感じた瞬間

一生添い遂げたい!男性が運命の相手だと感じた瞬間

「自分にとっての運命の相手はどこにいるんだろう」そう考える人は少なくないですよね。


運命と呼ぶと非現実的なものに感じますが、実は相手に「この人は他の人とは違う!」と感じてもらうにはいくつかのポイントがあるんです。


今回は、運命の相手だと感じた瞬間について男性に意見を聞いてみました。こちらを参考に、彼にとっての唯一無二の恋人になることを目指しましょう♡



胃袋を掴まれた


「初めて彼女の部屋に行ったときに『軽いもの作るね~』とササッとご飯を作ってくれたんですが、それがもうめちゃくちゃ美味しくて。もっと食べたい!ずっと作って欲しい!って思っちゃいました」(23歳/営業職)


古典的ながらも超強力なのが、胃袋を掴むこと!男性は愛する彼女の手料理には弱いものです。


単においしいものが食べたい、でなく彼女と自分の味覚感覚がぴったり合っているということにも相性の良さを感じるそう。


彼に手料理を振る舞う機会があれば、あらかじめ味付けや食材の好みをさりげなくリサーチしておくと運命を感じさせられるでしょう。


会話で心が開けた


「会話では基本聞き役に徹する派。でも彼女には自然と自分の深い話まで色々と話しちゃう。話していて心地良い人ってなかなか出会えないので、運命を感じました」(26歳/飲食店スタッフ)


純粋に二人の会話を楽しめるということも、相性の良さを感じるポイントのようです。


まだお互いを深く知らない時期は話題が豊富で、会話が盛り上がることはよくありますよね。


そんな時期を過ぎた穏やかな関係性になっても二人の会話のテンポが合っていると末永く一緒にいられそう。


彼の話をしっかり聞いてあげて「君にはついつい話し過ぎちゃうんだよね」と言われるようになれば、特別な存在になっているサインなのではないでしょうか。


一緒にいてしっくりきた


「理屈じゃなくて、感覚的にいいな~って思える人が運命の人なんだと思う。顔の良し悪しも関係なし。なんとなく居心地良いって無意識に感じるのが運命の相手」(29歳/流通)


男性の中には感覚で判断する!というタイプも多くいます。


直感的な「なんか良い!」を大切にしており、見た目や性格とは別の部分で無意識に判別していることもあるようです。


基準としては、一緒にいるときに得られる“しっくり感”。ドキドキよりも、癒しや落ち着きに対して「なんか良い!」と感じることが多いようです。


例えば心理学で言うミラーリングのように、彼の仕草や行動、会話のテンポを真似てみてください。似ている=波長が合う、という面がありますので、ぜひテクニックとして覚えておいてください。


運命を感じてもらうには感覚的な居心地の良さが大切


男性はよほど好きにならない限り、運命までは意識しません。


しかし、特別な相性の良さや居心地の良さを感じると、途端に「一生離したくない」と独占欲を表すことも。


ポイントは、彼のさりげなく「心地良さ」を与え続けること。


これ以上の女性は他にいないと思わせられたら、運命の相手として大切にしてくれるはずですよ。


(愛カツ編集部)



カテゴリ