優希美青、リップ忘れた日は「下着を身に着けていないぐらい不安」 井上祐貴は熱い明太子愛トーク

優希美青、リップ忘れた日は「下着を身に着けていないぐらい不安」 井上祐貴は熱い明太子愛トーク

 女優の優希美青、俳優の井上祐貴が1日、都内でホリプロ60周年記念映画『NO CALL NO LIFE』(5日公開)の完成披露上映会の舞台あいさつに参加した。



【集合ショット】駒木根葵汰、優希美青らフレッシュなメンバーが集結!



 映画のタイトルにかけ、「CALL」の部分を変えた人生に欠かせないものについてフリップトークすることになり、「LIP」と書いた優希は「依存症なんですよね…。リップでくちびるを潤わせておかないと不安で…」と照れながら告白。「おうちに忘れた時とか、下着を身に着けていないぐらい不安になっちゃうんです」と打ち明けていた。最後は「いろんなのを試して、これだっていうのを見つけて、それは常に常備しています」とリップ愛を語っていた。



 一方、井上の答えは「明太子」。井上以外の出演陣はアルファベットでフリップに書いていたため、駒木根葵汰から「漢字ありなんですか? 英語縛りだと思っていたのに」とツッコまれながらも、井上は「現場に入ったときに、明太子のおにぎりがあったらすぐに取るし、冷蔵庫に明太子が常にあるし、冷凍庫にもストックが」と熱のこもったトーク。そして「だからビールは抑えてます!」と高らかに宣言し、駒木根から「プリン体を気にしてる(笑)」とイジられていた。



 この日は、山田愛奈も参加した。



 本作は壁井ユカコ氏の『NO CALL NO LIFE』(角川文庫)が原作のミステリーラブストーリー。井樫彩氏が監督と脚本を担当している。
カテゴリ