アニメ『極主夫道』Netflixで4・8配信開始 あえて“動かない”演出に注目

アニメ『極主夫道』Netflixで4・8配信開始 あえて“動かない”演出に注目

 昨年、玉木宏主演でテレビドラマ化もされた、漫画『極主夫道』(原作:おおのこうすけ)がアニメ化され、Netflix オリジナルアニメシリーズとして4月8日からNetflixで独占配信されることが明らかになった。アニメ版の主演・龍役は津田健次郎。配信日と併せ、龍の妻・美久役に伊藤静、龍の元舎弟・雅役に興津和幸が決定。まるで漫画を読んでいるような感覚も味わえる本作の本予告とキーアート、場面写真、そして、主題歌が一挙解禁された。主題歌は、打首獄門同好会が書き下ろした「シュフノミチ」(オープニングテーマ)と「極・夫婦街道」(エンディングテーマ)。



【動画】アニメ『極主夫道』遊び心が詰まった予告編



 コミックス全体の売上が330万部を突破(1月19日時点)している『極主夫道』は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍”が主人公。そんな彼が極道から足を洗い、選んだ道は――なんと専業主夫だった。コワモテだけど、愛情深くて実はかわいらしい龍が“専業主夫”の大変さや楽しさを知りながら、トラブルや悩みを爽快に解決する仁義なきヒューマン任侠コメディー。



て“不死身の龍”と恐れられた元極道で、現在は主夫の道を極める専業主夫。龍は朝から晩まで忙しく働く妻・美久のために手作り弁当を作りSNS にアップし、裁縫や炊事、洗濯、掃除など毎日の家事を完璧にこなす。さらに町内会の付き合いも欠かさずに行うなど、元極道らしい言動とは裏腹にユーモアあふれるアットホームな日常が描かれる。



 解禁された予告編では、原作漫画の空気をそのままに感じさせるシーンが満載。その一つが、漫画のコマ割りのような絵を意識したあえて“動かない”演出。昨今の3DCGや滑らかな絵作りとは一線を隠す手触りを感じさせるゆるカワな画作りと、役者たちの迫真のカチコミ演技が相まった、新感覚のアニメとなっている。



 監督を務める、今千秋氏(『のだめカンタービレ』『美少女戦士セーラームーンEternal』など)は、「プロデューサーから『漫画のようなアニメを作れ!』『絶対に動かさないこと!』という絶対条件がベースにありまして、それがまた大変で大変で…。普通に作画で動かした方が楽だわ!というシーンもあり、普段はしなくてもいい苦労がたくさんあって…決して楽な作品では無かったです(笑)」と明かした。



 原作者のおおの氏も、映像と演技の絶妙なバランスについて「最初お話しを伺った時は少し驚きました。実際出来あがったものを拝見しますと、作品の怒涛に過ぎていくテンポ感にとてもマッチした手法だなと感じました。限られた素材で色んな見せ方、演出が盛り込まれていて、ギャグのスピード感を損なっていないなと感じました。また、声優さんの演技も直に伝わってきて楽しめるかなと思います」と漫画に近いアニメ版の演出に太鼓判。



 さらに予告編には津田健次郎演じる龍の「ネトフリさん、ほんまアコギな商売してまんな」という本編にはない予告編でしか聞けない特別なせりふが入っており、スタッフとキャストの遊び心が詰まった予告編に作品への期待も高まるばかりだ。



 龍のコワモテにも動じないマイペースな妻・美久を演じる伊藤は「美久は料理は壊滅的かつ破壊的ですが、タッちゃんのことを可愛いと言っちゃう懐の深さがたまりません」。龍を兄貴と慕う雅を演じた興津は「雅は龍の兄貴を心から尊敬してますっ! 兄貴はめっちゃすごいです!! どれくらいすごいかというとめっちゃすごいです! 絶対見て欲しいです! オスッ!!!」と、コメントを寄せている。



 さらに主題歌を担当するのは、本格的なロックバンドとして人気を誇る打首獄門同好会。名前に反し、好きな食べ物や日常生活の中で感じるささいな気持ちを歌詞にした生活感あふれる楽曲が魅力で、本作では龍が専業主夫の道を極める気持ちを歌ったオープニングテーマ「シュフノミチ」とエンディングテーマ「極・夫婦街道」を書き下ろした。龍の主夫としての苦労や家族を守るという決意などが込められた歌詞にも注目だ。

カテゴリ