これがアウト?男子が冷めてしまう言動とは

これがアウト?男子が冷めてしまう言動とは

付き合う前のデリケートになりがちなデート期間。付き合えば「仕方ない」と思っていたことがアウトとされるかも。


そこで今回は、付き合う前に“男子が冷めた言動”をご紹介します。


交際前のデリケートな時期、これは避けた方が安全かもしれませんよ!



敵意むき出しは危険


相手が好きなあまり、敵意むき出しで彼の周りの女友達に接するのは危険です。


付き合っていないのにも関わらず、束縛する発言も厳禁。


愛されたいと感じ、妬かれるのが好きな人もいるでしょう。でも明らかに敵意むき出しと思われる行動は、相手の心が離れてしまう原因になります。


彼が飲み会に参加したり女友達と連絡を取ったりするのは、彼の自由です。


本気で付き合いたいのなら「さみしかった」と少し甘えてみてはいかがでしょう。


勘違いで「浮気されそう」と感じる


一途で慎重な男性は、相手の内面や交友関係を気にすることが多いです。とくに、「浮気されそう」「チャラい」と感じたときは、対象として見られません。


もし彼を放置しながら男友達とばかり遊んでいると、彼もあまりいい気持ちにはならないですよね。


友達付き合いの時間と、彼に割く時間のバランスは見てあげてくださいね。


一緒にすごせる時間がないときは、「一緒にいるのが楽しい」と伝えるだけで誠実さは伝わり、彼との距離は近づきますよ。


興味を示さない


相手の趣味や仕事に対して興味を示さない態度は、冷められやすいです。


女子の中には、「なによりも好きな人との時間が大切」という人もいるでしょう。ただし相手が「仕事も趣味も大切。恋愛は二の次三の次」と考えているなら、恋愛観のズレが生じているかも。


相手の恋愛に対する優先順位の低さが理解できず、こんなことを言っていませんか?


「たまにしか会えないね」「全然連絡くれないよね?私ばっかり送ってる。もう連絡しないほうがいい?」


嫌味のように伝えてしまうと、彼は「俺を理解してくれない」とがっかりするはずです。


デリケートな時期は慎重に


付き合った後なら「仕方ない」と割り切れても、交際前は意外とアウトになることも。


デリケートな時期はお互いのことを知りつつ、慎重かつ誠実に距離を縮めていきましょう!


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ