第78回ゴールデン・グローブ賞授賞式、ファッションチェック

第78回ゴールデン・グローブ賞授賞式、ファッションチェック

 米国で現地時間2月28日に第78回ゴールデン・グローブ賞の受賞結果が発表された。今回は、新型コロナウイルス禍中ということで、例年のように多くのセレブリティがレッドカーペットに登場することはなかったものの、受賞候補者やプレゼンターはドレスアップをしてリモート出演するなど、今後の歴史に残るような特別な授賞式となった。



【写真】グッチのドレスを披露したエル・ファニングなど



 映画の部・ドラマ部門・主演女優賞に輝いたアンドラ・デイ(Hulu『ユナイテッド・ステーツ vs ビリー・ホリデー』)は、シャネルのドレスで参加。同・ミュージカル/コメディ部門・主演女優賞のロザムンド・パイク(Netflix/Amazon『I Care a Lot』)は、モリー ゴダードの赤いドレスを着た写真や動画を自身のインスタグラムアップしていた。



 テレビドラマの部・ミニシリーズ/TV映画部門・主演女優賞のアニャ・テイラー=ジョイ(Netflix『クイーンズ・ギャンビット』)と、同・助演女優賞のジリアン・アンダーソン(Netflix『ザ・クラウン』)はディオール(DIOR)。同・ドラマ部門・主演女優賞のエマ・コリン(Netflix『ザ・クラウン』)は、ミュウミュウでドレスアップしていた。



 オリビア・コールマン(『ファーザー』で映画部門・助演女優賞にノミネート)は、ジョルジオ アルマーニ プリヴェのシルバー×ペールピンクのジャケットを着用。袖口にはブランドのアイコニックな素材であるベルベットのパイピングが施され、ボトムに合わせたベルベット素材のパンツとのマッチングが美しいコーディネートを披露。



 マリア・バカロヴァ(『続ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』で映画の部・ミュージカル/コメディ部門・主演女優賞ノミネート)もジョルジオ アルマーニ プリヴェのベアトップドレスを着用。クリスタルの刺繍で全体が覆われた華やかフューシャピンクカラーのドレスで、裾部分のボリューム感がゴージャス。



 プレゼンターとして登場したレネー・ゼルウィガーもジョルジオ アルマーニ プリヴェのミッドナイトブルーのベルベットドレスを着用。ベアトップの美しいカッティング、スカートのフロントスリットがシンプルながらも美しさを極めた1着。



 ニコラス・ホルト(Hulu『THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~』でテレビの部・ミュージカル/コメディ部門・主演男優賞でノミネート)は、ジョルジオ アルマーニのベルベット素材のピークトラペル、ダブルブレストジャケットを着用。ブラックのTシャツと合わせ、タキシードスタイルにカジュアルさをプラスしたコーディネートを披露した。



 リン=マニュエル・ミランダ (Disney+『ハミルトン』で映画の部・主演男優賞にノミネート)、アル・パチーノ(Amazon『ナチ・ハンターズ』でテレビドラマの部・主演男優賞にノミネート)、ボブ・オデンカーク(Netflix『ベター・コール・ソウル』でドラマの部・主演男優賞にノミネート)など、多くのセレブリティがアルマーニの衣装を着用した。



 そのほか、ニコール・キッドマン(『フレイザー家の秘密』でテレビドラマの部・ミニシリーズ/テレビムービー部門・主演女優賞ノミネート)、 ケイト・ハドソン(『Music』映画の部・ミュージカル/コメディ部門・主演女優賞ノミネート)、 レジーナ・キング(『あの夜、マイアミで』映画の部・監督賞ノミネート)、 タハール・ラヒム(『モーリタニアン』映画の部・ドラマ部門・主演男優賞ノミネート)らは、 ルイ・ヴィトン。



 エル・ファニング((Hulu『THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~』でテレビの部・ミュージカル/コメディ部門・主演女優賞でノミネート)はグッチのドレスを着用していた。
カテゴリ