千鳥、ソフトバンク新CMで“クセがすごい”オカン役 大悟「ノブがノブのお母ちゃんにそっくり」

千鳥、ソフトバンク新CMで“クセがすごい”オカン役 大悟「ノブがノブのお母ちゃんにそっくり」

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志を起用した、ソフトバンク新テレビCMシリーズ『無制限HERO’S』の第3弾として、「スマホPTA」篇が5日から、全国で放映される。松本渾身(こんしん)のドヤ顔や、“クセがすごい”オカン姿で登場する千鳥(ノブ、大悟)、思わずツッコミをいれてしまう小池栄子など見どころたっぷりのCMに仕上がっている。



【動画】千鳥が“クセがスゴい”オカン役で登場&松本人志が物申す!



 新テレビCMでは、PTA会議に参加した松本が「家計の役に立つヒーロー」となり、千鳥と小池演じるオカンたちを相手に、「SoftBank 学割」を紹介する。学ラン姿で腕に「学割応援団」と書かれた腕章をつけ、学校の屋上に立つ松本と白戸家のお父さん。学校のPTA会議に登場した松本は、千鳥と小池演じるオカンたちに向け、「どうしてます? お子さんのスマホ」と疑問を投げかる。“オカン”役の大悟は、スマホ料金の高さを気にして悩んでいる様子。



 続くシーンでは、松本が「ぶっちゃけどうですか? ソフトバンクの学割」と問いかけると、小池が「家計が助かるっていう家、多そう」とうなずくと、ほかのオカンたちも納得した様子。「親子ともどもうれしいわぁ」と話すノブに、「わ~かぁ~るぅ~」と大悟が“クセがスゴイ”リアクションを見せると、小池が「相づちのクセ!」「言い方のクセ!」とノブ風に見事にツッコむ。最後のシーンは、松本、小池、ノブ、大悟を含めたPTA会議のメンバー全員で、笑顔で集合写真を撮影する。



 小池同様、ニットにロングスカートを着てメイクばっちりで登場した千鳥。大悟がクセのある「わかる~」と相づちを打つシーンでは、「クセのあるセリフ」という監督の指示に対し、「わっかるぅわっかるぅ」「たしか~に」「わかりみ~」など10パターン以上のアドリブを披露。現場スタッフからは、さすがの対応力に拍手が起こった。



■千鳥インタビュー



――オカン役について、お互いの印象

【ノブ】メイクを始めてから、ずっと皆さんに笑われてるなっていう印象です。クスクスクスクスと、うっすらバカにされてる印象を受けました(笑)



【大悟】ノブが、ノブのお母ちゃんにそっくりなので、今日はノブのお母ちゃんと一緒にテレビCM撮ったんだなって感じですね。



【ノブ】メイクさんがメイクしてくれてる時に、「ノブさんの女装とか面白いですよね」ってめちゃくちゃ笑いながらやってくれたんですけど、オカンそっくりなんですよね。うちのオカンって70年間面白かったんだと思って。



――松本とのテレビCM撮影について(※今回のテレビCMは松本と千鳥は別日で撮影)

【ノブ】前回の撮影の時に、松本さんがNGを出してたって話を『ダウンタウンDX』で言ったら、それ以来一緒の撮影はなくなったな。



【大悟】松本さん的に、ワシらに演技プランを見られるのがちょっと恥ずかしなってるんかもしれん。あんな売れてる人スケジュール空いてるに決まってるやん。たぶん、演技をしてる松本さんを後輩に見せたくないのかな。



【ノブ】あと年下ディレクターさんに「もう1回お願いします」「顔が違います」とか言われてるところとかね。



【大悟】松本さんに「違う」ってないからね(笑)。



【ノブ】我々の中ではね(笑)。CM作りとしてはありますからね。



【大悟】あと、松本さんいない方がみんなリラックスできてるから(笑)。



【ノブ】松本さんといったらすごい(僕らも)緊張する先輩ですから。



【大悟】(白戸家の)お父さんもちょっと緊張しとるから松本さんの前では。

カテゴリ