滝藤賢一、日岡・松坂桃李に“恋心” 『孤狼の血』続編に中村獅童、音尾琢真、矢島健一が再集結

滝藤賢一、日岡・松坂桃李に“恋心” 『孤狼の血』続編に中村獅童、音尾琢真、矢島健一が再集結

 俳優の松坂桃李が主演を務める映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)の追加キャストとして、滝藤賢一、中村獅童、音尾琢真、矢島健一の出演が3日、発表された。役所広司主演の前作でも登場した4人が、今回もクセの強い存在感を放つ。



【写真】第1弾で発表された松坂桃李、鈴木亮平、西野七瀬ら



 本作は、原作シリーズでは描かれていない完全オリジナルストーリー。舞台は、前作から3年後で、広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上(役所)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一(松坂)の“その後”の姿が描かれる。

 滝藤が演じるのは、ある事件の捜査本部で指揮を執る管理官・嵯峨大輔。前作では監察官として登場し、直属の部下である日岡の裏切りで立場を失うところだった。その積年の恨みたる日岡への“偏愛”がどのような形で物語にかかわるかが見どころだ。



 大上の違法捜査を取材し、彼を自宅謹慎に追い込んだ安芸新聞の記者・高坂隆文を演じる獅童。今回は、裏社会と結びつく日岡を密着マークし「マスコミVS警察」の構図を作り上げる。音尾演じる広島仁正会加古村組の荒くれ者・吉田滋は、本作で広島仁正会とつながる企業「パールエンタープライズ」の社長の座に君臨。矢島は、くせ者刑事たちを取りまとめる呉原東署刑事二課の暴力班捜査係係長・友竹啓二役を続投する。



 なお、第1弾キャストでは、日岡の前に立ちはだかる“悪魔”の男、上林組組長・上林成浩を鈴木亮平。日岡のスパイとして上林組に潜り込む近田幸太(通称:チンタ)を村上虹郎、チンタの姉でスタンド「華」のママ・近田真緒を西野七瀬、呉原市の暴力団尾谷組の組員・花田優を早乙女太一、尾谷組の若頭・橘雄馬を斎藤工、日岡と共に捜査することになる広島県警本部・捜査一課の刑事・瀬島孝之を中村梅雀、巨大組織・広島仁正会を治める会長・綿船陽三を吉田鋼太郎が演じることが発表されていた。



■キャストコメント

・滝藤賢一(広島県警本部・捜査一課管理官 嵯峨大輔役)

皆さまの気合いの入り方がすさまじくて、テンションを合わせるのが大変でした。いかにして日岡への復讐を果たすか、3年間、それだけを胸に虎視眈々と狙っておりました。長かったなぁ。再会のシーンでは憎しみなのか怒りなのか、自分でもどんな感情が湧くのか楽しみでしたが、やっと会えたという喜びからかまさかの恋心を抱くという不思議な現象が起きました(笑)。完成が待ち遠しいですね。しびれるくらい面白いと確信していますから。



・中村獅童(安芸新聞社会部・記者 高坂隆文役)

実は前作撮影中に監督から続編をやるかもしれないと伺っていまして、その時から何がなんでも出演させて欲しいと熱望していましたので、今回また出演させていただけましたこと、大変光栄に思っています。高坂はどんな人にもずけずけと突っ込む嫌な奴です。でもその高坂のもついやらしさや異質な雰囲気が、物語の中でスパイスのような存在になればいいなと思います。前作では松坂さんと絡まなかったので、今回ご一緒できて嬉しかったですし、熱量のある芝居ができたのではないかと思っています。



・音尾琢真(パールエンタープライズ社長 吉田滋役)

コロナ禍で撮影する気概と、呉の空気感に触れられる喜びを感じた撮影期間でした。前作では、あるところに埋め込まれた真珠をとられるくだらない男で、今回は企業の社長として堅気になっていますが、七三にしても着飾っても吉田は吉田。ただ、身ひとつでのし上がっていこうとする男の思いは変わらず、それでも頑張っているぞという人間のバイタリティを表現しました。結局は真珠縛りのキャラになっていますが、非常に楽しかったです。



・矢島健一(呉原東署・刑事二課暴力班捜査係係長 友竹啓二役)

久しぶりの呉には、ガミさんも土井ちゃんもいなく、イラコの親分も一之瀬もいなくて、寂しくなっているのかと思いきや、クソ元気な若い乱暴者が山ほどいて、白石監督の変態オヤジぶりがパワーアップしてもう大変な賑やかさでした。TV放映など知ったことかの潔さ。もう最高でした。呼んでいただき、本当にありがとうございました。大ヒット祈ってます。
カテゴリ