【Dリーグ】ROUND.5、SEPTENI RAPTURESが悲願の初勝利 SAM激励「心の動く、鳥肌の立つダンスを」

【Dリーグ】ROUND.5、SEPTENI RAPTURESが悲願の初勝利 SAM激励「心の動く、鳥肌の立つダンスを」

 Dリーグは3日、日本発のプロダンスリーグ『第一生命 D.LEAGUE 20-21 REGULAR SEASON ROUND.5』を無観客で開催した。



『第一生命 D.LEAGUE 20-21 REGULAR SEASON ROUND.5』で勝利したSEPTENI RAPTURES



 70ポイントでavex ROYALBRATS、Benefit one MONOLIZ、KADOKAWA DREAMSの3チームがトップで並ぶ中、ここまで思うような結果を残せていないSEPTENI RAPTURESがトリを飾る9チーム目で登場。まるで歌劇のショーのようなパフォーマンスを見せ、74ポイントを獲得。ジャッジ票で暫定トップに立った。



 ものまねタレントのミラクルひかるとともにゲストジャッジとして参加したTRFのSAMはRAPTURESに持ち点の最高点である20ポイントをつけた。全ての審査後にSAMは「ジャッジをするにあたって、いろいろ勉強しなきゃと思って、これまでのROUNDを見て、各チームの色を見てきた。期待していたチームがちょっと期待通りにいかなかったり、逆にこのチームが、こんなにスゴかったのかというチームがあった。楽しく見させてもらいました」と振り返る。



 そして「最後のSEPTENIを見ていると本当にコンセプチュアル。演出がしっかりしている。なおかつ、ニューソウルのゆったりした曲で、あそこまで魅せることができる。これが本当のプロのダンサーだなと感じさせてもらって改めて感じさせてもらった」と評価。「ダンスを見て、心が動くのが一番、大事だと思う。心の動く、鳥肌の立つダンスをこれからも期待しています」とメッセージを送っていた。



 オーディエンスポイントを加味した緊張の最終ジャッジ。FULLCAST RAISERZにポイントで並ばれたものの、規定により、RAPTURESが1位となった。悲願の1位にメンバーたちは涙の抱擁。リーダーのRIRIKAは「本当にうれしいです…。なんで勝てないんだよ、ってずっとずっと言ってて…。だけど絶対に優勝にするって心に決めて口に出すようにしてました」と感涙しながら振り返ると「いろんなことに左右されずに自分たちの信じているものや見てくれている人に伝えられるダンスをしたい」と決意表明していた。
カテゴリ