サンドウィッチマン、東日本大震災10年の3・11に『ANN』担当「月日を思いながら、笑いある放送に」

サンドウィッチマン、東日本大震災10年の3・11に『ANN』担当「月日を思いながら、笑いある放送に」

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンがパーソナリティーを務めるニッポン放送『サンドウィッチマンのオールナイトニッポン~東日本大震災から10年~』が、11日深夜に放送されることが決定(深1:00)。東日本大震災から1週間後となる、2011年3月18日の深夜に『ANN』を担当したサンドは、一夜限りの番組だったが、心境とお笑いをラジオを通じて届けた。今回は、改めて東日本大震災から10年を迎えての心境、そして今後の 10 年に向けてのメッセージを生放送で伝える。



【動画】サンドウィッチマン伊達がただカツ丼を食べるだけの動画



 サンドは、下積み時代の夢に「オールナイトニッポンのパーソナリティー」と書いていたほどのラジオファン。そんな2人が初めて『ANN』を担当したのは、東日本大震災から1週間後で、地震直後から地元・宮城へ向けて発信を続けるサンドに急きょのオファーとなった。当日の生放送では、被災地に寄り添った言葉でスタートすべきか、お笑いを届けるか直前まで悩んでいたという2人だったが、結果、ショートコント「CD屋さん」で入るという、被災地に寄り添いながらもお笑い芸人としての覚悟も届ける一夜限りの放送となった。



 その後、同局でレギュラー番組となる『サンドウィッチマンの東北魂』をスタート。毎週にわたって、2人の素朴なトークから被災地の話題や今の状況をユーモアも交えながら伝えてきた。また震災から5年となる、16年3月11日には、地元の宮城・東北放送から生放送で『オールナイトニッポンGOLD』を行うするなど、節目節目でラジオを通じて自分たちの心境を届けてきた。



 今回は震災から10年を迎える日の深夜に『ANN』を担当。番組では、レギュラー番組の撮影で宮城・気仙沼市でロケを行っている合間に被災した2人のその日をじっくりと振り返るほか、当日の夜にラジオから流れる情報を頼りに過ごした話や、当時の『ANN』などの音源を交えながら届ける。ともにチャリティ活動も行う狩野英孝もゲスト登場。出身の宮城県栗原市が震度7を記録し、実家の神社が被災した狩野から、地元のいまについても語られる予定となっている。



 放送を前に、伊達みきおは「震災から10年の月日を思いながら生放送に挑みますが、笑いのある番組にしていきたいと思います」と意気込み。富澤たけしも「当日は東北から戻ってきての深夜の生放送なので、寝ないよう頑張ります」と呼びかけている。
カテゴリ