玉木宏、警視総監の座を狙うキャリア史上最もダーティーな男「権力争いに焦点を」 幼なじみ役に広末涼子

玉木宏、警視総監の座を狙うキャリア史上最もダーティーな男「権力争いに焦点を」 幼なじみ役に広末涼子

 俳優の玉木宏が4月からスタートするテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)に主演することが5日、発表された。



【写真】広末涼子、白のシースルーワンピで美脚チラリ



 刑事ドラマだが、犯人VS警察の構図ではなく、警視庁を舞台に、その頂点=警視総監を目指し巻き起こる、組織内のパワーゲームを描きながら、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマを映し出すオリジナルドラマ。脚本は、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019年)の武藤将吾氏が務める。



 玉木が演じるのは、幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(かみじょう・れん)。ゆくゆくは、ほかでもない自分が警視総監になるため、まずは自らが属する派閥のトップが警視総監になることが出世の近道と考えた彼は、どんなに汚い仕事もためらうことなく遂行。野望の階段を駆け上がっていく。



 演じるにあたり、玉木は「漣はきっと熱い部分を持っているのだけれど、それを悟られないようにコントロールしている男。冷静に見せるということは、ともすればフラットな演技に見えがちなので、そうならないようにどうしようか…と考えているところです。誰といるかによって、漣の中にある温度差も表れてくるような気がしますので、皆さんと一緒にお芝居をするのが待ち遠しいです」と、意欲を見せた。



 主人公・漣の幼なじみで、正義感に燃える警視庁捜査一課の水樹爽(みずき・さわ)を演じるのは広末涼子。野心に燃える漣と対立しながらも、密かに彼を想う爽は“漣の野心に火を点けた過去”を唯一知る人物でもある。一方、漣と爽の関係性と出世レースの両面で、不穏な一石を投じそうな存在・千堂優愛(せんどう・ゆあ)は仲里依紗が務める。警視庁刑事部長を父に持ち、ほしいものは何でも手に入れてきた彼女は、漣の魅力に取りつかれ固執していくことになる。



 権力闘争の中心に鎮座するスリートップは光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平が。光石演じる「東大派」の警務部長・吉永晴樹(よしなが・はるき)、吉田演じる「薩摩派」の警備部長・権藤秀夫(ごんどう・ひでお)、そして椎名演じる「外様派」の刑事部長で漣に目をかける千堂大善(せんどう・たいぜん)が三者三様の攻め方で虎視眈々(たんたん)と警視総監の座を狙う。



 また、漣に徹底マークされる銀行強盗事件の被疑者・蒲生兼人(がもう・かねと)には森崎ウィン、漣の情報屋として暗躍する刈谷銀次郎(かりや・ぎんじろう)には橋本じゅん、漣を気にかける銀座の高級クラブのママ・小宮志歩(こみや・しほ)には高岡早紀をがキャスティングされた。



■キャストコメント

【玉木宏】出演オファーをいただいた時点で、一筋縄ではいかない警察ドラマだと聞き、「どんな内容になるのだろう!?」と楽しみになりました。実際に台本を読んだら、警察組織内の権力争いに焦点を当てた物語だけあって、主人公のみならず各派閥の上層部のキャラクター像もみんなカラーが違い、すごく面白い! 広末涼子さん演じる水樹ら現場の刑事など、いろんな立場の人間の温度差がテーマの一つになってくると思いました。



 そんな中で、漣はきっと熱い部分を持っているのだけれど、それを悟られないようにコントロールしている男。周りには本心が見えにくく、何を考えているのか分からない人物像になっていると思います。冷静に見せるということは、ともすればフラットな演技に見えがちなので、そうならないようにどうしようか…と考えているところです。誰といるかによって、漣の中にある温度差も表れてくるような気がしますので、皆さんと一緒にお芝居をするのが待ち遠しいです。警察上層部の先輩方がどんなお芝居をされるのか、また、それを受けて現場で漣を作り上げることが、楽しみで仕方ありません。



 漣のような“高みを目指していく強さ”は僕自身も持ちたいと思いますが、彼が権力を握ったときに何をしたいのかまではまだ分からないので、そういう意味では僕もハラハラしながら彼の動向を見守っています。彼の最終的な目的も、回を重ねるごとに見えてくるかもしれませんので、そこも楽しみです。



 『桜の塔』は皆さんが見たことのない“人間ドラマに重きを置いた警察ドラマ”。登場する人間一人ひとりをじっくり見ていただけると、物語がより一層面白くなると思います。ぜひご覧ください。



【広末涼子】武藤将吾さんの脚本ドラマにまた出演させていただけること、玉木宏さんと初めて共演させていただけることが、うれしくて「楽しみだ!」と思いました。今回の脚本もやっぱり面白かったです! 警察組織内のダークな部分や、同時進行する事件解決に向けての問題提起、それに加えてドラマの中心となる主人公・漣の生い立ちや闇――。とにかく気になることだらけで、次が読みたくなります! 視聴者の方にも「次が見たい!」と思っていただけるように頑張ります。



 爽は正義感が強く、真っ直ぐな女性。漣とは対照的なピュアさで、彼を傷つけてしまうこともあるのではないかと感じました。けれど、爽の信じる正義と漣を思う気持ちをしっかり貫ける女性として演じきれるように、心掛けたいと思います。



【仲里依紗】今回は警察が舞台ということで、ここまで大きな組織を描いた作品は経験したことがないな、と思いました。お話をいただいたときは「私も警察側なのかな?」と思いましたが、違いました(笑)。私が演じる優愛は、世間知らずで苦労をしたことがない、わがままな子なのかなと思いました。でも、親の愛情を受けて育っていると思うので、品良く演じていきたいです。



 武藤将吾さんが書かれた台本からは、「人」に対してのスリルを感じ、楽しく拝見させていただきました。オリジナルの作品は、先々を想像しながら読めるので楽しいです。今後の展開が気になります。
カテゴリ