山崎樹範、鈴村健一&ハードキャッスル エリザベスとともにラジオ『ワンモ』卒業「リスナーが助けてくれた」

山崎樹範、鈴村健一&ハードキャッスル エリザベスとともにラジオ『ワンモ』卒業「リスナーが助けてくれた」

 声優の鈴村健一、タレントのハードキャッスル エリザベスが4日放送のTOKYO FM『ONE MORNING』(月~金 前6:00~9:00 ※JFN全国38局で放送中、一部東京ローカル)に出演し、今月末をもって番組を卒業することを発表。5日放送の同番組では、金曜パーソナリティーの俳優・山崎樹範が同じく26日の放送をもっての卒業を発表した。



【写真】鈴村健一&坂本真綾、結婚後ラジオ初共演



 4日の放送で、鈴村は「大切なお知らせがあります」と切り出すと、2人が卒業すると発表。「2年間、やってきましたけどね。立ち上げのメンバーになるわけですよ。僕らは卒業になりますけど、番組自体は続いていきますから。たくさんの方に支持していただいて。ひとつ、僕らこの2年間やれることをやったなと思います」と語り、今後発表される予定である後任に期待を寄せた。



 5日の放送で、山崎は卒業を伝えた上で「(2020年は)年明けてすぐにコロナ禍に入りまして、緊急事態宣言も出て、役者業が止まったので、週に1回、半蔵門にきておしゃべりするのが楽しみでした。番組が終われば、すぐに来週の金曜日が来るのが待ち遠しいっていう感じでした。僕は学生時代にラジオに救われた人間だったんですけど、また大きくなって、改めてラジオに救われたなと思っております。救ってくださったのはリスナーのみなさんで。僕を助けてくれたのがリスナーのみなさんだと思っています」と感謝の思いを伝えていた。



 同局が平日の朝を10年ぶりに改編し、2019年4月からスタートした同番組。「それぞれの朝に、新しい価値観を」をキャッチコピーに、鈴村は月曜から木曜、ハードキャッスルは月曜から金曜、山崎が金曜のパーソナリティーを務めている。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ