綾瀬はるか、震災10年特集ドラマに主演「前向きなメッセージが伝われば」

綾瀬はるか、震災10年特集ドラマに主演「前向きなメッセージが伝われば」

 あす6日にNHK総合・BS4Kで放送される東日本大震災10年 特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』(後7:30~8:43)に出演する綾瀬はるか、池松壮亮などから、作品への思いなどを込めたコメントが公開されたので、紹介する。



【写真】そのほかの場面写真



 このドラマは、被災地宮城県出身の三浦直之氏が脚本を担当。宮城県石巻市を舞台に、行方不明の夫を待つ女性が、震災を知らない建築士と出会い、心を通わせていく中で、それを見守る人々の優しい心に包まれて、前を向き、歩み始める愛の物語。 



 震災で行方不明の夫を待ち続けている主人公・真城蒼(ましろ・あお)役を演じた綾瀬は、次のようにコメントを寄せた。



 「震災から10年がたって、被災地が今どういう状況なのか、そこに住む人たちや震災に遭われた方々がどのような気持ちで過ごしているかということを感じました。私が演じた蒼は、震災で夫が行方不明になってしまい、日々苦しみながら、それでも前を向こうともがいている女性です。大事な人を失ったという現実を受け入れる中で、忘れようとするのではなく、悲しみさえも自分の中に取り込んで、前に進む力に変えていける。人それぞれ、大小関係なく悩み、苦しみがあると思いますが、時間がかかっても受け入れながら前に進んでいくと明日に繋がっていくという、前向きなメッセージが伝わればと思います。蒼の姿を通して『前を向いて頑張っている人たちがいるんだ』ということを少しでも知ってもらい、寄り添ってもらえたらと思います」



 綾瀬演じる蒼と出会う移住者の建築士・葉山瑛希役の池松は「このドラマが、見てくださった方々にとって、この国で10年前に起こった災いの記憶を、そして今世界で起きていることを見つめ直し、再生に向かう一歩となることを願っています。もっと願わくば、この世に数多ある同時代の無念の魂に寄り添い、共に笑い、共に怒り、共に涙を流し、共に生きてゆく微々たる力になればうれしいです」と願いを込めた。



 震災後に東京からUターンしてきた蒼の義理の妹・真城遥役で出演する土村芳は、「この作品には、蒼さんのように過去を忘れられずにいる人や、前を向けないと思っている人を、包み込むようなあたたかさを感じます。きっと過去にはつらい痛みと同時に、かけがえのない大切な思い出も存在していて、そこから今や明日へ向かうための希望のような、何かを見出せる事だってあると気づかせてくれる、とても優しさに溢れた作品になっていると思います。私自身、主演の綾瀬さんはじめ、共演者の皆さんやスタッフの皆さんに助けていただきながら、現場を通して支えていただく事の有り難さや尊さに改めて気付きました。多くの方にこの作品が届く事を願っています」と、コメントを寄せた。



 「私の役は綾瀬はるかさん演じる蒼のお姑さん。意地悪な姑かと期待していたら、まことに人のいい邪気のないばあさんで、その『いいお義母さん』モードを保つのが難しかったです」と自己紹介するのは、高臣の母で、蒼の義母、真城浅子役を演じた阿川佐和子。



 石巻弁を叩き込むため、現地で行われたロケ撮影の空き時間にせりふを心で唱えながら、「一人で石巻の街をぐるぐるとたくさん歩き回った」という。「石ノ森章太郎さんの『サイボーグ009』の銅像を確認したり、海を見渡す防波堤の上を歩いたり、どのお寿司屋さんの暖簾をくぐろうかと店の前で佇んだり。最終的に入ったお寿司屋さんのカウンターに腰掛けて、おいしい握りを頬張りながら大将夫妻や常連客と話をしたり。かつて倍賞美津子さんがおっしゃっていました。『地方ロケのときは、撮影前にその町を一人スッピンでぐるぐる歩き回るの。そうすると、その町の空気がわかるから』と」。



 ロケを思い出しながら阿川は「十年前、この町はどれほど混乱し、涙と落胆と怒りに溢れていただろう。そして十年経ち、なんと静かに笑顔を浮かべ、落ち着いた日常を取り戻しているのだろう。その軌跡を想像するとおのずと涙が出てきました。エセ石巻人ではあるけれど、少しでも石巻の人たちの気持に沿った、意地悪ではないお義母さんを演じることができていたら、うれしいです」と、思いを伝えた。



 真城高臣役を演じた高良健吾は「それぞれの一生があります。そのそれぞれをすべて肯定してくれているドラマになっていると思います。ぜひ。」と、コメントを寄せている。
カテゴリ