草なぎ剛、メルカリCMでタモリとニアミス 伊藤沙莉とは15年ぶり共演

草なぎ剛、メルカリCMでタモリとニアミス 伊藤沙莉とは15年ぶり共演

 俳優の草なぎ剛が出演するフリマアプリ「メルカリ」の新CMが、6日から放送。約2年ぶりの同社CMで“メゾンメルカリ”の住人となり、管理人役のタモリとニアミスながらも共演を果たす。



【動画】草なぎが約2年ぶりにメルカリCMに!5秒で考えた即興ソングも披露



 今回の役どころは、「メゾンメルカリ」に引っ越してきた、シンプルな暮らしを始めたいと思っている、どこか孤独感がある男。撮影スタジオににこやかに入ってきたが、セットに入るやいなや孤独な影をただよわせる役に豹変した。一方で、住人の高橋メアリージュンや伊藤沙莉との共演シーンでは、駆け込みの際にドタバタと勢いがつきすぎて、3人が思わず笑ってしまう場面もあり、なごやかなムードで撮影が進んでいった。



 撮影が終わり、リラックスした様子の草なぎは、「家でもメルカリのCMを見ていました。今回、メゾンメルカリの住人になることができて、とてもうれしいです」と笑顔。共演者については「すごく緊張をしていたのですが、伊藤さんと高橋さんが温かく迎え入れてくれたおかげで緊張がほぐれて、いい感じに仕上がったと思っています」と撮影を振り返った。



 2006年にフジテレビで放送されたドラマ『僕の歩く道』以来、約15年ぶりの共演になるという伊藤については「個人的に伊藤さんの声が好きだったのですが、変わらずチャーミングですてきだなと思いました」と、久しぶりの共演を喜んだ。



 撮影終了後のインタビューでは、お気に入りのヴィンテージギターの話に。持参したギターのお気に入りポイントを熱弁し、「5秒で考えました」という「メルカリソング2021」を弾き語りで披露した。メルカリ公式YouTubeで公開されている。

カテゴリ