『24 JAPAN』第21話 現馬はテロリストとの直接対決で追い込まれていく

『24 JAPAN』第21話 現馬はテロリストとの直接対決で追い込まれていく

 テレビ朝日系で放送中の『24 JAPAN』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域を除く、全24話)。きょう5日に第21話「8:00P.M.-9:00P.M.」が放送される。主人公・獅堂現馬(唐沢寿明)は、特殊犯罪人の監禁施設で過去に自分が殺したはずのテロ組織の総元締、ビクター・林(竜雷太)と対面を果たすが、その直後、施設は停電になってしまう。



【動画】唐沢寿明・池内博之・時任勇気のコメント動画



 日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画と並行し、父であるビクターを脱走させる計画を練ってきた長男のアンドレ・林(村上淳)が施設の変電所を爆破したのだ。ビクターと共に暗闇で身動きが取れなくなった現馬は、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)に連絡し、応援を要請。鬼束は逡巡しながらも、本部長・中曽根尚道(相島一之)の決裁を仰ぐ前に、応援部隊を手配する。



 その頃、世の中では総選挙の開票がスタート。出口調査では民生党が圧勝だと知り、党首の麗はホッと胸をなでおろす。だが、現馬には一息つく暇もなかった。応援部隊の到着を待つ間に、アンドレがテロ集団の手下たちを従え、施設になだれ込んできたのだ。しかも、念願の父子再会を果たして勢いづいたアンドレとビクターは、力ずくで打ちのめした現馬を人質に取り、CTUとの取引を開始。かつて現馬がテロリストを排除するため実行した“夜のとばり作戦”で、妻と娘を永遠に失うという苦汁を飲まされたビクターは、現馬に「今度はその苦しみをお前が味わうことになる」と言い放つ。



 望みはゼロに等しいと言わざるを得ない状況下で、心身ともに追い込まれていく現馬。一方、独断で応援部隊を手配した鬼束にも、そして現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)にも、それぞれ明るい未来を無残に絶ち切るような危機的状況が迫っていた。そんな中、A班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、CTU内の“ある人物”に疑惑の目を向け始めていた――。
カテゴリ