42歳・濱口竜介監督、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞の快挙「誇らしく思う」

42歳・濱口竜介監督、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞の快挙「誇らしく思う」

 濱口竜介監督(42)の新作映画『偶然と想像(英題:wheel of fortune and fantasy)』が、第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞した。濱口監督は「この映画を見つけてくれて、ありがとうございました。審査員グランプリ賞、とても光栄に思っています」と、喜びのコメントを寄せた。



【写真】映画『偶然と想像』の濱口竜介監督



 ヨーロッパ最大の映画産業都市で行われるベルリン国際映画祭は、カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の1つとして知られ、これまでには今井正監督『武士道残酷物語』や宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』が最高賞に当たる金熊賞を受賞している。



 同映画祭への出品にともなう上映がワールド・プレミアとなった本作は、タイトル通り「偶然」と「想像」をテーマにした3話オムニバスから成る濱口監督初の短編集。自ら『ハッピーアワー』等のプロデューサー・高田聡氏とともに企画立ち上げを行い、2019年夏から約1年半をかけて製作された。脚本もすべて濱口監督自身が手掛けている。撮影は3話ともに『うたうひと』『ひかりの歌』の飯岡幸子氏が務めた。



 「この映画、一番の見どころはと問われたら『役者の皆さんの演技』だと答えます」と語っている濱口監督。その出演者も祝福のコメントを寄せ、その一部を紹介すると――。



 古川琴音「受賞の知らせを聞いて、とてもうれしく思います。 このような素敵な作品に参加出来たことを幸運に思います。私の俳優としてのキャリアはまだ始まったばかりですが、ひとつひとつの仕事をより一層大切にしていこうと、身の引き締まる思いです」。



 渋川清彦「やったぜ! 濱ちゃん、おめでとう! 常に進歩しながらも変わらない濱口節というか濱口竜介が好きです。 ベルリンの地で祝杯をあげたかったが仕方がないので、PCR検査を受けて東京で祝杯をあげたいところですね。これからも希望をみせてください。この作品に限らず声をかけてくれてありがとう! またよろしく!」。



 甲斐翔真「銀熊賞受賞の吉報を耳にして、大変うれしく思っております。この映画では、今までの自分にはない、挑戦的な役を演じさせていただき、濱口監督の世界観にどっぷり身を任せ、見たことのない景色を見せていただきました。この賞をきっかけに、海を越えて、より多くの方に届いて欲しいなと思います」。



 占部房子「『時間をかけて作品を作りたいんです』と、 共有する全ての時間を真摯(しんし)に謙虚に創造していく濱口監督が作り出す時に身を置き、素晴らしい経験をさせていただきました。『偶然と想像』は他者の内面に入り込む様で、実は自分の内面がすでに持ち合わせて居るのかも知れないと、深い驚きを体感する作品ではないかと思います。どうぞ、多くの方が濱口監督の作品世界を存分に楽しまれますように!」



■濱口竜介監督のコメント(全文)



 映画『偶然と想像』がベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊)賞を受賞しました。経験豊かな監督たちが揃った「審査員からの賞」が贈られたということを心からうれしく、誇らしく思っています。



 撮影中ずっと、役者の演技を見ながら、カメラの後ろで驚いていました。その驚きが海を超えて伝わったことに感激しています。この映画、一番の見どころはと問われたら「役者の皆さんの演技」だと答えます。会議室のようなリハーサル部屋で始まった時間が、このような結果にまで結びつきました。この物語の価値を信じて参加し、最高の演技をしてくださった役者の皆さんにこの場を借りて、御礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。



 そして、その役者の演技を支えるようにして、献身的に仕事をしてくれたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。演技の素晴らしさは皆さんがつくってくれた環境から生まれたものです。今はなかなか集まる機会が持てませんが、早く皆さんと喜びを分かち合いたいと思います。



 そして、ベルリン国際映画祭にも改めて御礼を申し上げます。この映画を見つけてくれて、ありがとうございました。審査員グランプリ賞、とても光栄に思っています。
カテゴリ