遠藤憲一主演『ドラマ 星影のワルツ』今夜放送 津波で3日間漂流した男の物語

遠藤憲一主演『ドラマ 星影のワルツ』今夜放送 津波で3日間漂流した男の物語

 俳優の遠藤憲一が主演を務める『ドラマ 星影のワルツ』が、きょう7日(後9:00~9:59)、NHK総合にて放送される。



【ドラマ場面カット】漂流され必死に生きながらえようとする遠藤憲一



 本作は、東日本大震災による津波で3日間漂流を続けた男の実話に基づく物語。福島沖15キロの海で屋根に乗って漂流しイージス艦に救助されたのは、南相馬市の自宅で津波にのまれた60歳の農家・大谷孝志(遠藤)。



 妻を奪った海でひとり絶望と戦い、耐え難い寒さと渇き、がれきが押し寄せる。目の前で爆発する福島第一原発…。死を覚悟し、妻との日々をふりかえるたび奇跡のように流れ着く希望の品々。「恭子、生きろというのか」。クラゲの光に励まされ、妻の愛唱歌「星影のワルツ」で生きる力を取り戻す。



 当たり前の日常がどれほど尊い時間だったのか。実際の救出映像やニュース映像も随所に使われており、10年前の震災の記憶を新たにしながら、人間の底力と家族の絆が描かれる。



 遠藤のほかキャストは、妻・恭子役を菊池桃子、主人公の娘・山口美穂を川栄李奈、美穂の夫・山口亮介を岡山天音が演じる。
カテゴリ