新生『R-1』ゆりやんが優勝 THE Wと”二冠”獲得で号泣

新生『R-1』ゆりやんが優勝 THE Wと”二冠”獲得で号泣

 史上最大の“ひとり芸日本一決定戦”『U-NEXT PRESENTS R-1グランプリ2021』(カンテレ・フジテレビ系)決勝戦が7日に生放送され、ゆりやんレトリィバァが王座に輝いた。大きくリニューアルした今回、エントリーした2746人の頂点に立ち、19代目王者の称号と優勝賞金500万円を獲得した。



【写真】減量後の”ナイスボディ”姿公開したゆりやんレトリィバァ



 『女芸人No.1決定戦 THE W』の初代女王でもあるゆりやんは、念願の“二冠”を達成。優勝が決まった瞬間は、おなじみの顔芸を披露しつつも、涙をこぼし目を赤くしていた。



 2002年より開催している史上最大の“ひとり芸日本一決定戦”。19回目となる今大会より『R-1ぐらんぷり』から『R-1グランプリ』へとカタカナ表記に変更し、ロゴも刷新、出場資格も芸歴10年以内となるなど、大きくリニューアルした。



 この日の決勝戦には、2746人のエントリーの中からかが屋・賀屋、土屋、森本サイダー、高田ぽる子、吉住、kento fukaya、寺田寛明、ZAZY、ゆりやんレトリィバァの9人と、当日開催の「復活ステージ」を勝ち抜いたマツモトクラブを加えた計10名で1stステージを戦った。



 1人ごとに点数審査が行われ、高得点を獲得したZAZY、ゆりやん、かが屋・賀屋ら上位3人が、Finalステージへ進出。さらにもう1本ネタを披露し、最多得点を記録したゆりやんレトリィバァが優勝となった。



 決勝の司会は、霜降り明星と広瀬アリスが担当し、審査員を麒麟・川島明、古坂大魔王、陣内智則、友近、ハリウッドザコシショウ、ホリ、マヂカルラブリー・野田クリスタルが務めた。



 同大会は“ひとり芸日本一”を決める大会として、2002年にスタート。歴代優勝者は以下のとおり。



第1回 だいたひかる

第2回 浅越ゴエ

第3回 ほっしゃん。(星田英利)

第4回 博多華丸

第5回 なだぎ武

第6回 なだぎ武

第7回 中山功太

第8回 あべこうじ

第9回 佐久間一行

第10回 COWCOW 多田

第11回 三浦マイルド

第12回 やまもとまさみ

第13回 じゅんいちダビッドソン

第14回 ハリウッドザコシショウ

第15回 アキラ100%

第16回 濱田祐太郎

第17回 粗品

第18回 野田クリスタル
カテゴリ