『ファミ通・電撃ゲームアワード2020』Game of The Yearは『あつ森』

『ファミ通・電撃ゲームアワード2020』Game of The Yearは『あつ森』

 KADOKAWA Game Linkageは、ゲームファンの投票により2020年のベストゲームを選ぶ『ファミ通・電撃ゲームアワード2020』を開催し、7日に配信したゲーム情報番組『WILDish Presents GAME LIVE JAPAN With ファミ通・電撃ゲームアワード』内で発表・授賞式を行った。



【画像】ファミ通のロゴ



 同アワードはゲームメディア“ファミ通”と“ゲームの電撃”がタッグを組み発足した国内最大級のユーザー投票型ゲームアワード。ユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲームやクリエイターなどを読者投票によって選ぶ。



 投票総数1万7507票の中から、もっともゲームファンに支持された作品に贈られる大賞“Game of The Year”には、『あつまれ どうぶつの森』(任天堂)が輝いた。無人島に移住し、自分だけの島を作る楽しさ。虫捕りや魚釣り、どうぶつたちとの交流を通して体験するスローライフ。そしてローカル通信やインターネットを通じた他のプレイヤーとの交流。「どうぶつの森」シリーズ最新作となる本作は、それらの要素でまたたく間に人々の心をとらえ、2020年末時点で全世界累計売上3118万本という大ヒットを記録した。



 今回もっとも多くの賞を獲得したのは、日本を舞台としたオープンワールド時代劇アクションアドベンチャー『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)。“MVC~Most Valuable Creator~”、“グラフィック部門”、“アクター部門”、“キャラクター部門”、“アクションアドベンチャー部門”の5冠を受賞した(※“MVC~Most Valuable Creator~”は開発元・Sucker Punch Productions、“アクター部門”はダイスケ・ツジ(境井仁)が受賞)。



 中国最大級のSNS・Weibo「ファミ通×ゲームの電撃」公式アカウントにて中国のゲームユーザーから投票を募った“Best Game in China”には『あつまれ どうぶつの森』(任天堂)が選出された。 また“Best Creator in China”は、小島秀夫氏(コジマプロダクション)が圧倒的な支持を受け、2年連続の受賞となった。



そのほか各部門の受賞結果は次の通り。



■『ファミ通・電撃ゲームアワード2020』受賞一覧



・Game of The Year

あつまれ どうぶつの森/任天堂



・MVC~Most Valuable Creator・

Sucker Punch Productions

任天堂『あつまれ どうぶつの森』開発チーム



・シナリオ部門

The Last of Us Part II/ソニー・インタラクティブエンタテインメント



・グラフィック部門

Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)/ソニー・インタラクティブエンタテインメント



・ミュージック部門

ファイナルファンタジーVII リメイク/スクウェア・エニックス



・アクター部門

ダイスケ・ツジ(境井仁)/Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)



・ボイスアクター部門

櫻井孝宏(クラウド・ストライフ)/ファイナルファンタジーVII リメイク



・キャラクター部門

境井仁/Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)



・オンライン部門

ファイナルファンタジーXIV/スクウェア・エニックス



・アクション部門

天穂のサクナヒメ/マーベラス



・アクションアドベンチャー部門

Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)/ソニー・インタラクティブエンタテインメント



・アドベンチャー部門

ALTDEUS: Beyond Chronos(アルトデウス: ビヨンドクロノス)/MyDearest



・RPG部門

ファイナルファンタジーVII リメイク/スクウェア・エニックス



・インディゲーム部門

天穂のサクナヒメ/マーベラス



・ルーキー部門

天穂のサクナヒメ/マーベラス



・eスポーツゲーム部門

Apex Legends/エレクトロニック・アーツ



・ファミ通・電撃特別賞

原神/miHoYo

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~/コナミデジタルエンタテインメント



・Best Game in China

あつまれ どうぶつの森/任天堂



・Best Creator in China

小島秀夫/コジマプロダクション



・WILDishインディ賞

Maneater/Koch Media



※敬称略



・投票期間

2020年12月16日(水)~2021年1月17日(日)



・投票対象

家庭用ゲーム機・スマートフォン・PCなどハードの種類は問わず、2020年1月1日~2020年12月31日に発売・配信されたゲーム、または2020年の時点でサービス中のゲーム。



・投票・選考方法

投票期間中『ファミ通・電撃ゲームアワード2020』特設サイトで投票を受付。投票結果をもとに、ファミ通・電撃ゲームアワード2020実行委員会が選定。なお“Best Game in China”、“Best Creator in China”については、Weibo公式アカウント「ファミ通×ゲームの電撃」( https://www.weibo.com/famitsudengeki )にて投票を受付。
カテゴリ