山崎紘菜、ラグビー愛全開のマシンガントーク 新田真剣佑も驚き

山崎紘菜、ラグビー愛全開のマシンガントーク 新田真剣佑も驚き

 俳優の新田真剣佑、鈴木伸之、女優の山崎紘菜が8日、都内で行われた映画『ブレイブ -群青戦記-』(3月12日公開)の青春ぜんぶ懸けてギネスに挑め!イベントに参加した。



【動画】高校生から好きなタイプを聞かれ大赤面する山崎紘菜



 イベントでは、部活に打ち込む高校生たちとオンラインでギネス世界記録に挑戦。その中で、高校生たちと交流を行った。そんな中、札幌山の手高校のラグビー部のステファン・バハフォラウが画面に。ラグビー好きとして知られる山崎は「札幌山の手高校は超名門ですよ。リーチ・マイケル選手の出身校。リーチ・マイケル選手が銅像を寄贈して、校庭にリーチさんいるね」とマシンガントーク。



 ステファンも「そうです」と苦笑気味に返答し、新田と鈴木は「詳しすぎでしょ!」とツッコミを入れていた。そしてステファンからの質問は「山崎さんの好きな男性のタイプは? ラグビーで言ったらフォワードとバックスのどちらですか?」というもの。



 山崎は「ステファンはバックス? じゃあはバックスで」と小悪魔っぽい笑顔で語りかけ、ステファンをメロメロに。そして、山崎は「これって難しい質問。ラグビーって、どのポジションも大事で、みんなが主役のスポーツ。フォワードの選手には、フォワードの献身っぷりは見てるからと伝えたい」と熱いラグビー愛を口にしていた。



 この日は、「オンラインで同時に紙かぶとをかぶった最多人数」のギネス記録に挑戦。世界で初めての挑戦を成功させ、122人という記録を樹立していた。



 原作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で2013年から17年まで連載され、シリーズ累計100万部を突破している人気漫画。普通の高校生たちが突然、学校まるごと戦国時代にタイムスリップして、「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を生かして戦国の世を生き延びていくストーリー。主人公・西野蒼を新田、ヒロインの瀬野遥を山崎を演じている。

カテゴリ